ヘッダーイメージ

香川県高松市にお住いのN様 コキンチョウの自育大成功  2017年3月30日(木)
 香川県高松市にお住まいのN様は、私と同じ香川県であり、私共の所とは車で40分くらいの距離になります。近いので「何時ものお店に小松菜がないのですが、どっかにないでしょうか?」などとメールでやり取りしたりもしています。そのN様より、ノーマルコキンチョウのペアの自育に成功した、とのうれしいお便りをいただきました。凄い!拍手(パチパチパチ・・・)。 実は、それだけではなかったのです。といいますのは、
 N様は、私共より確か全部で4ペアのコキンチョウをお持ち帰りになられたのですが、まずは、下記の写真に写っている赤頭と黄頭(両方ともブルースプリット持ち)のペアの子が巣立ち、見事自育に成功。凄いです!!。熱心に飼育されていることが伝わってきます。ちなみに、写真では見分けにくいので補足いたしますと、雛の品種はブルーが2羽でノーマルが1羽だったそうです。大成功です。ところが、それだけではないのが非常に凄いところなんです。あとパステルブルーのペアと特殊なコキンチョウのペアの2ペアも現在、雛を孵して自育中とのことなんです。
ピーちゃん:「おっさんの最初の頃より、凄いですな!これは、比較になりません!」
飼い主:「・・・(-_-;)」
アオちゃん2世:「UBI育ちのコキンチョウ達は、雛を孵せば、間違った飼育方法でない限り、ほとんどが自育に成功します。なので、この時点で、ほぼ3ペアが成功と言っても過言ではないと思います。4ペア中、3ペアが短期間で成功となると、自育率はかなりの確率だと思います。その現象を聞いただけでも、N様の熱心さが伝わってきます。N様は、”コキンチョウを信頼して、巣を覗かず、餌やりなどのお世話に徹したのが、良かったのではないかと思っています。” と謙遜されていましたが、それだけでは3ペアも自育に成功するということはあり得ません。しっかりとコキンチョウの性格を掴み、逆らわずに自然に対応し、処理しているはずです。」
ピーちゃん:「そういえば、N様がいらっしゃた時、家のおっさんとの話の中で、N様が ”私は何時も運が良いんですよ。” とおっしゃったことがあります。おっさんは、バカですから、言葉通り ”そうなんだ。いいなあ。” と受け取っていたようなのですが・・・。」
飼い主:「え、そうでないの?本当に運がいい人なんだなと思っていたのですが?」
アオちゃん2世:「いえいえ、そうではないと思いますよ。私には、飼い主さんとの会話の中で、N様の人柄が伝わって来たので、ピンときたのですが、運が良いのではなく、運をも引き込む力のある方ではないかと思います。今回のコキンチョウの自育についても、運ではないことが一目瞭然です。」
飼い主:「そうか。そう言われて見たら、そうですね。お恥ずかしい限りです。勉強になりました。<(_ _)>
 運が悪いなあと思っていらっしゃる方、逆に運が良かったと考えてみたらどうでしょうか?案外、道が開けてくるかもしれません。」
ピーちゃん:「では、皆様、N様から送っていただいた写真をご覧ください。」
高松市N様所有のコキンチョウ

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

コキンチョウへ

フッターイメージ