アルティメットバードインスティチュート ヘッダー
ご訪問ありがとうございます。 ,
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
お知らせ
●2018年9月2日(日) 十姉妹のペアをお分けいたします → 9月5日(水) 完売しました
 コモンチョウの仮母として使用、または、使用予定の十姉妹のペアをお分けいたします。7月24日の一言で紹介させていただいた通り、コモンチョウのための仮母十姉妹を減らすために5ペアほどお分けします。但し、芸物十姉妹が多いため、仮母に適してる十姉妹ではありません。1羽を除き2017年以降の生まれとなります。詳細は、お問い合わせください。 
●初めてご訪問いただいた方へ
 こちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。

一言

2018年9月24日(月) 今度は真面目に探してみますと 有りますね!
飼い主:「以前、野鳥などを追い払うためにドローンを購入したのですが(8月22日の一言に記載)、雨の日が多かったり、風が強かったりで、あまり屋外で自由自在に飛ばす練習が出来ていません。室内で常時同じ操縦方法で練習したいとは思うのですが、気軽に室内で飛ばせる大きさではありません。」
ピーちゃん2世:「家が狭いからなあ。まあ、僕達も一部を占領しているから仕方ないか。」
飼い主:「そうですよ。でも、こればかりはどうしようもありません。そこで、このドローンと同じような操縦方法と機能を持っていて、室内でも簡単に飛ばせるミニドローンはないかと思って探してみました。」
アオちゃん2世:「今度も飼い主さんが、色々な面から検討されたようです。ただ、今回、ミニドローンを購入する一番の目的は、室内で自由自在に飛ばせてドローンの操縦方法をマスターすることができるということが一番重要となります。そういうことですから、できるだけ安くということも大きな要因になることでしょう。」
飼い主:「そこで、以前、選ぶ時の目標にしていたリアルタイムFPV(カメラ付きで生中継される映像を見れる)を今回はあきらて、  小さくて室内で十分飛ばせる、重量は200g以下、4ch以上で6軸ジャイロ、モード2、技適(国内認証済み)、以前のドローンとよく似た機能(特に自動高度維持の気圧センサー有)を持っている  ということに重点を置いて選んだ結果、同じDBPOWERが出している901H(DOROCONの901Hも有るようです)に決定し購入しました。」
アオちゃん2世:「この機種は、どのメーカーが基になるのかはわからないのですが、たくさんのOEMがあるようです。その中で、国内認証済みであり、購入時に一番価格が安かった所を選んで買ったということのようです。」
飼い主:「このドローン、室内で同じ操縦方法(4ch、モード2、自動高度維持の気圧センサー)で十分に練習できるのでありがたいです。逆に、室外では非常に小さいために風に流されやすくなり、操縦は難しくなります。ただ、一番驚いたことは、価格の割には凄い機能を持っているというところです。最大飛距離やFPV等の機能を除いて比べると、以前のドローン(U818A)にはない機能もあります。特に、折り畳み式でもあり、ワンキーリターン(操縦が分からなくなるとワンキーで自分の近くに自動で戻ってくる)もあって感激です。」
ピーちゃん2世:「じゃあ、ここの所、雨ばかりだからといって遊んでないで、このドローンで、真面目に訓練開始といきますか!」
飼い主:「了解」
ミニドローン

2018年9月22日(土) ベスト3(第3位)のコキンチョウのペア決定
飼い主:「昨日、紹介させていただいたGFP1626番のペアと巣立ちの早さを競っていたGFP1627番のペアの子供の1羽が、本日、巣から出てきました!」
アオちゃん2世:「ということで、第3位は、昨日、話題に取り上げたGFP1626番の横にいるGFP1627番のペアということになりました。GFP1626番同様、今期が初めての繁殖期になり1回目の子育てに成功したということになります。」
ピーちゃん2世:「次に子供が出てきそうなペアも新人のようで、その次も新人になりそうです。まあ、こういうことばかり紹介しても仕方ないと思うので、紹介は今回の3位までとさせていただきます。」
2018年9月 今期3番目に子供の巣立ちを迎えたコキンチョウのペア

2018年9月21日(金) 今期2番目に子供の巣立ちを迎えたコキンチョウのペアは  誰?
飼い主:「本日、9月18日に子供が全員巣立ちを迎えたペアに続いて、別のペアの子供の1羽が巣から出てきています。GFP1826番のペアです。」
アオちゃん2世:「このペアは今期が初めての繁殖期になり、1回目から子育てに成功したということになります。今回は、2羽しか育ちませんでしたが、今後に期待したいと思います。」
ピーちゃん2世:「この、GFP1826番は、隣のケージにいるGFP1627番とも競っていたんだが、どうやらGFP1826番が先に自育に成功したんだな。 まあ、でもGFP1827番も時間の問題だから、順番など気にせず頑張ろうぜぇー!」
飼い主:「おおー、ピーちゃん良いこというじゃん。」
ピーちゃん2世:「<(`^´)>」
2018年9月:今期2番目に子供の巣立ちを迎えたコキンチョウのペア

2018年9月20日(木) 最後の演奏会
飼い主:「ここの所、秋本番という感じでスズムシが毎日、盛んに鳴いています。もうすぐ、迎えに来ることが分かっているのでしょう。」
アオちゃん2世:「大きく燃え上がって消える最後の炎といったところでしょうか。また、1年経っています。皆様はこの一年、何か進歩は有りましたでしょうか?」
ピーちゃん2世:「おっさんは、何にもないな。ただ、毎日同じことの繰り返しのように見える。志は実行してこそ価値のあるものでアール。」
飼い主:「それは分かっているので少し焦っていますが、後悔しないように1歩1歩進もうとはしているんですよ。ただ、一つのことを調べるのに非常に時間がかかるので、なかなか思うようにいきません。」
アオちゃん2世:「志を持って進んで行く。例え、途中で終わったとしても、それもまた、人生ではないでしょうか。 最後まで前向きに 前進あるのみ でしょうか。」
2018年スズムシ達の最後の演奏会

2018年9月18日(火) 他ペアの追従許さず全員巣立ちのコキンチョウ
飼い主:「昨日、初めての子が巣から出てきたペアのことですが、今朝、5羽全員揃って巣から出てきました。素晴らしい!パチパチパチ。 欲を言えば、もう少し大きいということなしなのですが。」
アオちゃん2世:「このペアは、昨年から大活躍をしています。子育ての上手なペアです。自育に成功したり失敗したりというようなペアではありません。優秀なペアは連続的に子育てをします。むしろ、それでこそ自育といえるのではないでしょうか? 飼い主さんが適切な対応や処置を怠らなかった場合、そういうペアは自育に失敗することは稀でしょう。」
ピーちゃん2世:「ところで、本当に5羽で全員なのか? 以前、6羽の時もあったよな。」
飼い主:「はい、今回は5羽だと思うのですが、(-_-;)、確認はしていません。」
ピーちゃん2世:「おっさんは、以前、6羽いた時も5羽だといっていたからな! まあ、親がしっかりしているから、おっさんが間違えたとしても問題はないよな。」
飼い主:「・・・ うぅ、私の存在感がないような気が ・・・」
コキンチョウの巣立ち 2018年9月18日

2018年9月17日(月) 遅ればせながら今期最初のコキンチョウの子が出てきました コモンチョウも!
飼い主:「今年は猛暑の影響で、今期のコキンチョウ達の繁殖が例年より遅くなっています。しかし、急に秋がやって来て最近は過ごしやすくなっています。そういう状況の中、 」
アオちゃん2世:「本日、今期の繁殖期で初めてとなるコキンチョウの子が、本日、巣から出てきました。まだまだ、巣の中に別の子達がいますので全員揃って出てくるのはいつになるのでしょうか。楽しみです。でも、それよりか先に次のペアの子も巣から出てきそうな感じです。」
ピーちゃん2世:「十姉妹に預けたコモンチョウの子も、本日、最初の子が巣から出てきているんだから、紹介してやれよ! ほんと、おっさんは手を抜くから困るよな。」
2018年9月17日 今期最初のコキンチョウの子供が巣から出てきました。
2018年9月17日 コモンチョウの子供が巣から出てきました

2018年9月12日(水) 繁殖期のあわただしい雰囲気の中、お年寄り達は
飼い主:「こちらは、急に涼しくなって参りましたが、コキンチョウ達はだんだんと子育てをしているペアが増え、あわただしい雰囲気になっています。ただ、その中でのんびりと暮らしているコキンチョウ達も存在しています。」
ピーちゃん2世:「ああ、お年寄りのコキンチョウ達ですな。繁殖をしていないというせいもあるんだが、例え若い時にバタバタとした性格であっても、年を重ねていくうちに、おっさんに毒され、だんだんと馴れておとなしくなってくるんだよな。困ったことだ!」
飼い主:「何でや!」
アオちゃん2世:「飼い主さんは、歳をとって繁殖活動ができなくなった私達でも、最後まで面倒を見てくれますので、繁殖できる有効なペア数とは別にお年寄り達が常時80羽くらい楽しく暮らしています。みんなありがたく思って感謝しているので、飼い主さんに馴れくるのではないでしょうか。ありがたいことです。」
飼い主:「私は、趣味でコキンチョウを飼っていますので、生まれた時から一緒に生き、成鳥になっても縁があって、そのままUBIに残り、繁殖活動をして頑張ってきたコキンチョウ達を手放すことは出来ません。最後まで面倒を見ています。だから、自然と飼っている羽数は多くなってきます。ただ、今後、私が元気で世話ができる年数を考え、何年かかけて徐々に若鳥を減らし、数をコントロールしていかなければならないと思っています。残念ではありますが、」
アオちゃん2世:「まだまだ、大丈夫ですよ!」
ピーちゃん2世:「 そ だ なー。」
飼い主:「ん??、ピーちゃんの言葉は、何か素直にとれない気がするなあ!」
のんびり暮らすお年寄りのコキンチョウ達

2018年9月7日(金) コモンチョウのケージは?
飼い主:「私共のコキンチョウのケージは、みどり(春日)を主に使用しています。以前は、庭箱を使用していた時もありましたが、今はほとんどがケージになっています。庭箱をケージに変えたことで、一番良かったと思うことはゴキブリが激減したことです。最初、一番気になっていた繁殖への影響は、ほとんどなかったように思います。」
アオちゃん2世:「それで、飼い主さん、コモンチョウ達のケージはどうしますか? 最終的には私達と同じように自育をさせなければなりませんからねぇ。」
飼い主:「はい、それなんです。アオちゃんたちのケージのみどり(春日)を使用しようと思っていましたが、なぜなのかコキンチョウ達のようにしっくり来ない気がします。」
ピーちゃん2世:「出たな!! 良く外れるおっさんの第六感。」
飼い主:「クゥ、なんてことを。 といいたいのですが、確かに第六感だけで決めるわけにはいきません。そこで、数ペアをHOEIの580手のりワイドに入れてみています。みどりより、奥行きは10cm、高さは2.5cm小さいのですが、幅が21cm広くなっています。」
アオちゃん2世:「入れてみた感じでは、ケージが大きいせいなのかHOEIの580手のりワイドの方が似合っている感じがしますね。まあ、総合的にどちらが良いといえるのか? これから観察していきまーす。乞うご期待。・・・?」
ケージ春日でのコモンチョウの様子
ケージ580手のりワイドでのコモンチョウの様子

2018年9月4日(火) また、台風です  でも
飼い主:「また、台風がやって来ました。今年は3回目です。いい加減、やめてほしいですねー。今回は、前回よりは凄かったのですが、前回同様、何事もなく良かったです。」
ピーちゃん2世:「何言っているんだ!やめてほしいといって、来なくなる台風ではないだろ。気持ちは十分わかる が な。」
飼い主:「いつもと同様、昨日から、雨戸を入れ、庭に出してある機械や道具を仕舞い・・・、そして、台風の去っていった今日の夕方、雨戸以外はすべて元に戻すという余分な作業を強いられました。」
アオちゃん2世:「でも、飼い主さんの娘さんが、風が強くなる時間帯を予測し早起きして何時もより多くの小鳥達に餌や水を与えてから、出勤されたので助かったですよね。この手助けがあったから、風が強くなる前に飼い主さんがすべての作業を終わらせることができて、良かったではないですか?良いこともありますよ!」
飼い主:「そうなんです。自分で考え、進んでそういうことをしてくれるようになったということは、一人前の人間に近づいているように感じ、自分のこと以上にうれしく思います。実は、昨日も娘の案で助かっているんです。」
アオちゃん2世:「ああ、歯医者のことですね。飼い主さんは口があまりあかないので、歯医者に行くことも嫌いなので、歯の治療が終わるまで元気がなかったですね。その上、歯医者の駐車場は非常に狭くて飼い主さんの車は置くことができません。これも、また悩みの種だったという訳です。まあ、詳細は割愛させていただきますが、これも娘さんの配慮で軽自動車で行くことができたということです。」
ピーちゃん2世:「ああ、それで、音痴なおっさんが、喜んでダーウィンが来た!のテーマ曲  ♪涙は見せないで 笑いながら 人を想えるあなたは いちばん強いと思う・・・♪  を歌ってたという訳か。最初は、僕らを見て歌っているのかと思ったんだが、何にもない時だったし、変だなあと思ったんだが、このことを聞いて納得!」
飼い主:「歯医者といえば、残念なことがあるんです。近くのA歯科なんですが、先生は非常にやさしくて対応も良いので気にいって通っていたのですが、最近、実際に多くの作業を担当する助手の方が、私の問いに対してまったく答えてくれず、通り一遍の説明で作業を進めていきます。それも、うまくありません。やりにくいのは分かりますが、何とも不安でいやな気持ちになります。親切のかけらもありません。私にとって苦手な歯医者だけに、次は行きたくなくなりました。」
アオちゃん2世:「そうなんですか。じゃ、次に歯が痛くなったときは別の歯医者を探さなければなりませんね。何か 本当の意味での技術者 に出会うということは、案外、難しいのかもしれません。」

2018年9月2日(日) 今年は3年生以上は、スロースタート!
飼い主:「お盆が過ぎたと思っていたら、早くも9月に入っています。コキンチョウ達の繁殖はどうなっているのかといいますと、今年は、例年よりは遅いスタートになっているんだよね、アオちゃん!」
アオちゃん2世:「はい、そうです。全体の状況は、1年生(今期初めて繁殖を迎える若親ペア達)、2年生(今期で2年目の繁殖期を迎えるペア達)共に順調に雛を孵して育てているペア達がいます。ところが、3年生(今期で3年目の繁殖期を迎えるペア達)においては、もう少し経つと雛が孵る予定のペアはいますが、現時点では、まだ雛を孵しているペアはいないようです。また、4年生以上(今期で4年目以上の繁殖期を迎えるペア達)においても現時点で雛を孵しているペアはいません。」
ピーちゃん2世:「まあ、今年は猛暑だったこともあって、おっさんが手を抜いたので、スタートが遅れているという状況のようですな。」
飼い主:「いいえ、違います。暑かったので、スタートを遅らせるように考慮しました。決して、手抜きではありません。」
ピーちゃん2世:「おいおい、そんなにムキになるなよ!冗談なんだから。」
アオちゃん2世:「3年生以上になりますと、個体や前年度の成績や状態にもよりますが、スタートはどちらかというとやや遅れ気味になります。」
飼い主:「まあ、そんなに急がなくていいですよ。私は、もっと良い気候になってから、頑張ってくれれば良いと思っていますし、無理してたくさんの子供達を育てようとしてくれなくてかまいません。それなりに、人生(鳥生)を頑張って、いや楽しんで いただければ、言うことなしです。」
ピーちゃん2世:「ほおー、なんか無の心境をかいま見たような・・・。 お主できるな!」
飼い主:「いいえ、いいえ、それほどでもありません。 <(`^´)> 」
アオちゃん2世:「はっきり言って、ちょっと、この二人の会話にはついていけません。 が、初めてコキンチョウの繁殖に挑戦される皆様も、決して焦らずに根気よく見守っていただければ良いのではないかと思います。あなたが選んだ、育てた、コキンチョウを信じていただければ、幸いです。」

2018年8月28日(火) サ、サギが ・ ・ ・ 
飼い主:「何時ものように、収穫と水やりのために畑に行くとハトが電柱で鳴いています。そこで、幸い風も微風なのであわてて用事を済ませ、ドローンを畑で飛ばしてみたのです。」
アオちゃん2世:「飼い主さんが、一生懸命操作をしていたようで、うまく飛んでいましたね。野鳥を追い払う効果は少しはあるのか、その時にはハトやスズメの姿が見えなかったですよ。」
飼い主:「そうなんです。夕方だったので、ねぐらに帰ったということも考えられますが、練習するだけでも効果があるのかもしれないという感じを受け、嬉しくなって空高く飛ばしていると、数十メートル先をサギが悠々と飛んで行きます。がっくりです!!ムキッー!!。」
アオちゃん2世:「その時の様子を写真に撮り皆様に紹介したかったようですが、微風といえども風がありますので、ドローンの操作をしないと直ぐに風に流されてしまうようで、飼い主さんが、送信機から手を放す余裕がなく、写真を撮ることができなかったということのようです。ちなみに、その時のドローンのカメラ映像は、録画していなかったようです。」
ピーちゃん2世:「なるほどぉ。それで写真が撮れなかったのは分かるが、ドローンよりはるかに大きなサギは全く怖がっていなかったようだ。今日のように、ただ、ドローンをゆったりと飛ばしているだけの簡単なやり方では、効果がないように感じるな。 まあ、頑張ってくれたまえ。」
飼い主:「とほほ・・・。」
アオちゃん2世:「今度は、ドローンを高速モードに設定し、速度を上げてみたらどうでしょうか? 近くで、フリップさせてみるとか。とにかく、いろいろやってみましょう!ファイト!」

2018年8月26日(日) 秘密兵器?登場 その2
ピーちゃん2世:「ところでおっさん。野鳥を追い払うためのドローンの練習は進んでいるのか?時々、何時もの音と違う変な音もしている様だが、一体何を考えている? どうせ、おっさんのことやから、理由をつけてもう一つ小さなやつを買ってきてるんと違うんか?」
飼い主:「ドキッ!何でわかるの?バレてるわ!」
アオちゃん2世:「まあ、遺伝でしょうね。ピーちゃんクラスになると飼い主さんの考えることは、分かるようになりますからね。」
飼い主:「もちろん、最初から買おうと思っていたわけではないのです。今のドローンは、軽い割には比較的大きなドローンなので、室内で練習するのは限界があります。そこで、室内で練習するのに壊れてもよい安価で小さい物がないのかなあと遊び半分でネットで調べていると、小さなヘリコプターが目に留まりました。昔は、ラジコンヘリコプターは簡単には操縦できなかったようですが、今の ”おもちゃ” は6歳以上等となっていてびっくりです。ちなみに、今私が練習しているドローンは対象年齢14歳以上となっています。」
アオちゃん2世:「正確には、ドローンとヘリコプターは一緒ではありませんが、操作と分類では同じようなものと考えてもいい部分もあると思いますので、参考にはなると思います。」
飼い主:「恥ずかしながら、そこまで、真剣に考えてという訳ではなく、蛍光灯を電気屋に買いに行った時、ちょっとおもちゃ売り場を覘いたところ、ネットでも目にしていた安価な価格のナノファルコンαが目に留まり、 」
ピーちゃん2世:「で、つい、買ってしまったという訳かい!」
飼い主:「はい、そうなんです。3chなので4chとは少し操作が変わる等、いろいろと制限はありましたが、現物を手に取ってみると、やはり、ほしくなります。その上、大きさが10cmもないヘリコプターがうまく飛ぶのかどうかの興味もあり、つい遊び半分で買ってしまいました。\(^o^)/」
ナノファルコン
ピーちゃん2世:「その程度のヘリコプターで私を驚かそうとしているのか? 無理だな。小さい程、自由自在に操縦するのは難しいとも聞くぞ。」
飼い主:「このヘリコプターを飛ばすのは、ジャイロセンサーを搭載しているので、誰でも簡単に飛ばすことができるのですが、着陸させるのが、確かに小さいだけに難しい感じです。地上近くで安定させて目的の場所に着陸させるのは、難しいです。ただ、何回も墜落しましたが、壊れず丈夫なので感心します。これだと対象年齢が6歳以上となっているのも頷けます。」
アオちゃん2世:「訓練という意味合いでは、3chでは、動きが少し制限されますし操作も異なりますので、やはり、4ch以上は必要でしょう。結局、訓練というより遊びになった様ですね。でも、結構、楽しそうで、いいんじゃないですか!!」
飼い主:「ありがとうございます。最近のおもちゃは凄いんです。これでピーちゃんの後を追うのも楽しいかなと思ったりして遊んでいます。」
ピーちゃん2世:「遊んだらいかんやろぉ。あんたは子供か! まあ、私の後をついてくるまで上達するのはおっさんの腕では、時間がかかるな。ただ、垂直に急上昇出来るのは、流石、ヘリコプターという感じで、負けちゃうわな。」
アオちゃん2世:「例え、操縦が上達したとしても、このヘリコプターは赤外線なので屋外では使用できません。ただ、少しは練習になると思いますので、頑張ってください。」
飼い主:「了解でーす。」
ピーちゃん2世:「何で・・・! 頑張るというか、遊んでるだけやろ。早く、最初購入したドローンの練習を屋外でせんかい!」

2018年8月24日(金) 台風ですが、負けずに生まれてくる命有
飼い主:「また、台風です。今回は、私共の地域のほぼ上を通って行きました。ただ、私共の地域は、台風の中心よりやや左側だったことも幸いしたのか被害はありませんでした。」
アオちゃん2世:「今回は、風邪が非常に強かったようで、雨の方は、一時的には凄く降ったものの、最終的にはあまり降ったという状況ではなかったです。どちらにしても、何もなかってよかったです。今日は、飼い主さんも畑に水をやりにいかなくて良いようです。」
飼い主:「毎日、畑に水をやりに行っていましたが、今回の雨で一休みできます。でも、農作物はOUTになっている物が多いと思いますので、台風ではなく雨だけ降ってほしいものです。それに、台風が来ると、その都度、庭に出してある小鳥たちの道具をしまわなければなりませんし、雨戸なんかも入れなければなりません。結構、疲れます。そして、台風が去るとまた道具を出して、雨戸は乾かし片づける。その繰り返しでしょうか。」
ピーちゃん2世:「何を馬鹿なことを言っているんだよ。当たり前じゃないか。日頃から整理整頓をしておけば問題ないのではないか?」
飼い主:「おっしゃる通りなのですが、それがなかなかできないのが、凡人でありますね !(^^)!」
ピーちゃん2世:「凡人というよりも、おっさんだからだろ! ところで、忙しい中にも忘れてはならないことがある。分かっとるか!」
飼い主:「・・・、GFP1837のペアのことかな。あれは、今回はうまくいかなかったようです。」
ピーちゃん2世:「違うわ!その下の段のGFP1721が雛を孵しているんだ。早く気づけよな。台風に気がとられているようでは、まだまだ、半人前だな。困ったもんだ!」
飼い主:「え、そうなんですか。気付かなかったです。すいません。今後、気を付けます<(_ _)>。・・・とほほ。  実は、皆様だけに、そおっと教えますが、この間、ピーちゃんを驚かす装置を買ったんですよ。アハ。秘密兵器?登場その2 にて紹介しますので、お楽しみにね。」
ピーちゃん2世:「聞こえとるわ。少々のことじゃ驚かへんで。あ、おいしーい食べ物なら驚くかもな。さあ、頑張ってみよう。あっはっは。」
飼い主:「クッ!」

2018年8月22日(火) 秘密兵器?登場 その1
ピーちゃん2世:「おっさん! 最近、忙しそうに何をやっているんだよ!」
飼い主:「はい、あなた達を守るために野鳥を効果的に追い払おうとしているんです。これが結構大変なんです。小鳥をお飼いになっている皆様はご存知だと思いますが、こぼれた餌を狙ってか、はたまた、声に魅かれてか、スズメ、カラス、ハト等がやってきます。」
ピーちゃん2世:「そういえば、数十メートル離れているが、以前、話題にも取り上げた雉なんかも来てるよな。まあ、雉の場合は、目的は農作物なのだろうが。」
飼い主:「野鳥達は追い払っても、追い払ってもやってきます。こちらも、負けじと追い払わなければなりません。」
アオちゃん2世:「そうなんです。私達は野鳥と接触してはいけません。病気がうつる可能性もあるからです。飼い主さんは、来客に対してまでも 必ず消毒をしてから入室していただく、というように徹底して守ってくれています。ありがたいことに、あらゆる面で神経を使って病気がうつることを防いでくれているので、以前のように近くで鳥インフルエンザが発生しても何ら怖くはありません。ありがたいことです。でも、毎日のように、スズメやハトを追っている飼い主さんの姿を見ると頭が下がります。」
飼い主:「そういわれると、照れ臭いです。アオちゃん!! ただ、音を立てて追い払うというぐらいでは、スズメは一旦逃げても、私が家に入るとすぐに戻ってきます。それに賢いことに、車で出かける時などは、堂々と飼育室の庭先までおりてきています。また、鳩なんかも日が変わると何もなかったかのようにやってきます。追い払うことしかできないので、なかなか手ごわい相手です。そこで、野鳥を追い払うために考えたのが、そう、皆様もすぐに脳裏に浮かんでくる、鷹です!!」
ピーちゃん2世:「大丈夫か!鷹匠は、今のおっさんじゃ無理だろ!」
飼い主:「うーん、ピーちゃんのおっしゃる通り、さすがに、今の状態で鷹を飼って訓練する時間と体力はありません。そこで、次に考え付いたのがドローンによる追い払いです。」
アオちゃん2世:「なるほど、いい考えかもしれませんね。光を発しながら近付くドローンは、きっと脅威に感じるのではないでしょうか?」
飼い主:「私は、昔、ラジコンをやっていたこともありますので、撃退効果はさておき、ドローンを操縦するのが楽しみです。まずは、いろいろな面で考えて購入したのが、下記のドローンになります。重点を置いて選んだ項目は、重量は200g以下、4ch以上で6軸ジャイロ、ちょっと欲を出しリアルタイムFPV(カメラ付きで生中継される映像を見れる)、モード2、技適であること、の5項目を満たしているものを選びました。」
ピーちゃん2世:「それと、できるだけ安価でだろ!」
飼い主:「うーん、悔しいけれど、その通りです。でも、最近のラジコンは価格の割にはすごい機能があり、驚きです。まずは、初心者用のドローンで行きましょう!」
ピーちゃん2世:「というか、操縦は下手やからなあ、アハハ。 そのドローンの操縦練習(いや、訓練というべきか) をしてるから、忙しいという訳か。自由自在に操ることができるようになるのは、一体、何時のことになるのやら・・・?(*^-^*)。」
ドローン
次回に続く

2018年8月18日(土) 気が付けば
飼い主:「あっという間にお盆も過ぎて、昨日今日あたりは非常に過ごしやすい気候になっています。気が付けば、すでに、スズムシが鳴いています。」
アオちゃん2世:「台風の影響もあるのか?本当に過ごしやすくなって参りました。これから、私達は、忙しくも楽しい繁殖の季節に入ります。」
ピーちゃん2世:「確かに、ここ2、3日は涼しい上にスズムシの声、秋の気配は十分に感じてる訳なんだが、食欲の秋でもあるのだから、わかっとるかおっさん!おいしい餌はどうなってる!」
飼い主:「・・・」
2018年8月18日 スズムシが成虫に


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター