アルティメットバードインスティチュート ヘッダー コキンチョウ 販売
ご訪問ありがとうございます。  カウンター
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
(初めてご訪問いただいた方はこちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。)
一言 or お知らせ    

2021年4月21日(水) 土地購入に至る迄(その3) 辻褄の合わない不動産に戸惑う
飼い主:「さて、契約した土地の購入はどうなったかといいますと、農地法第3条申請と残りの農振除外地の申請もお陰様で通り、来月、上旬には引き渡しが完了する予定となっています。」
アオちゃん3世:「良かったですね。これから、益々、忙しくなりますね。私達はお手伝いすることが出来なくて、本当に申し訳ないです。」
ピーちゃん2世:「いや、忙しいくらいでないとおっさんの場合はボケちゃうからな! 丁度いいんじゃないか。アハハ・・・ ・ ・ ところで、俺も当然連れてけよ!」
飼い主:「あれ、この間、言ったこと気にしてる(笑)。 で、今回は以前に購入しようかと思った土地についてお話ししたいと思います。その土地は、全部で7,000㎡位(宅地の部分は600㎡位であと畑と山林で7,000㎡弱)だったと記憶していますが、不動産の方の対応で思いとどまったという物件なのです。今にして思えば、購入しなくて本当に良かったと思っています。理由は、まず、固定資産税を教えてもらえず、しかも、提示金額に疑問を感じたからなのです。実際の数字をあげると語弊があるといけませんので、架空の金額で説明しますと、例えば、家の解体費用は380万円かかりますということを聞いていたのですが、解体更地渡しの場合は700万円にしていただけるという話になりました。私は、これは良いなと思い、話を進めていこうかと思いましたが、購入した上で解体を考えた方が良いかなとも思い、解体しないで購入する場合の金額を聞いてみたのです。そうすると何と650万円という回答なのです。もちろん、すべてを一括して依頼した方が安くなることは分かりますが、あまりにも極端なので不動産の対応自体に疑問を感じた訳です。つまり、設定されている金額自体が疑問になってくるわけです。それ以外にも家主を含め色々とありましたので、購入することをやめる決断をしました。」
アオちゃん3世:「新しい土地を探すというのは、本当に大変なことなんですね。」

2021年4月14日(水) パソコン派なんですが・・・
飼い主:「久々に新しい携帯にしたのですが、やはり、パソコンのように文字の入力がスムースには行きません。小さな画面上のキーボードに指でタッチするのでパソコンに比べて入力が格段に遅くなります。その上、視力も悪いので小さな画面では見づらくて困ります。新しいので、速度は、流石に早いのですが、パソコンに比べると非常にやりにくいですね!!」
ピーちゃん2世:「じゃ、何でそんなスマートフォンを使うんだよ。ブチブチいうのならそんなもの、やめとけばいいじゃんか! しかもその値段だと普通のノートパソコンが十分買えるわ。」
飼い主:「出来るなら私も使いたくはないんですが、やはり、パソコンと違うところはあるので仕方ないかと。というか、必要だと思います。」
アオちゃん3世:「そうですね。どこでもすぐに使える、寝っ転がってでも使える、気軽に何時も持ち運ぶことができ場所を選ばず電話もメールもできる等 たくさんのメリットがあります。最も電話にパソコンの機能が付加されているので便利なことは言うまでもないでしょう。小さくて軽いということは、スマートフォンの特徴ともいえることで、メリットであり、デメリットでもあるといえるでしょう。」
飼い主:「ところで、コキンチョウの販売の方ですが、予約を頂いた方から順番に確保していっています。そして、お渡しできる方はお渡しして行っていますが、換羽を待って確保していますので、現在までにご予約いただいた皆様方全員に、コキンチョウをまだお渡しできていない状況です。現在、残っている子達は、まだ換羽が初期の方で、雌雄さえもはっきりしない子ばかりになっていますので、ご予約を頂いていらっしゃる方、申し訳ないですがもうしばらくお待ちいただければと思います。おそらく、早くても5月に入ってからのお渡しになると思います。<(_ _)> それと、申し訳ないのですが、特に新お楽しみ若鳥ペア販売の予約を頂いた方が多く、現状況で、今後巣立ってくる幼鳥を含んでも、あと最大で25ペアぐらいしかお分けできません。なので、今年は希望品種のペア販売はできない可能性がありますので、何卒、ご了承下さい。」

2021年4月6日(火) 2021年 声だけは聞こえていたのですが、キジがようやく姿を現しました
ピーちゃん2世:「とういうか、今年に入って何回も鳴き声は聞こえていたので、おっさんが、目に頼ってどこにいるのか探そうとしていたのだが、見つけることができなかっただけということになるんだ。だから、皆様、キジが突然現れたということでは決してなく、何時もいたということなのでお間違えの無いようお願いいたします。ちなみに、キジを探すには体全体の感触で探すんだ。お分かりかな? (*^_^*)」
飼い主:「もちろん、何時も声は聞こえていたので必ずいるというのは分かっていたのですが、どこにいるのか声がするたびに田の方を覗いて見たのですが、何時も姿は見えなかったです。ところが、本日、やっとキジのオスの姿をとらえることが出来ました。今日は、あいにく曇りだったので、より綺麗には取れなかったのですが、綺麗です。感動!!」
アオちゃん3世:「おそらく、近くにカラスが来ていたので、メスを守るためにわざと目立つところに出てきたのではないかと推測されます。優しいねぇ。飼い主さんが感動するのも良くわかります。」
飼い主:「・・・?」

2021年4月2日(金) 久々に猿と近距離で出会った公園へ行ってみました
飼い主:「ということで、小鳥たちの世話が午前中で問題なく終わるようになりましたので、久々に以前、猿と近距離で遭遇したことのある公園へ行ってみました。」
アオちゃん3世:「流石にこの時期は、人も多いので猿は出没しないのではないかと思います。」
飼い主:「そうなんです。子達の元気な声が山のあちこちで響いていましたので、猿や猪の心配は不要だったようです。でも、コロナの影響もあり、全体的に人が少なかったことはいうまでもありません。私も感染しないように服装を変えてマスクをして、徹底的に密をさけるよう行動しました。」
ピーちゃん2世:「おっさんの場合は、密をさけるというか、人のいない所へ逃げているような感じだろうな。ちょっとオーバーな感じがするよな。アハハ。 その光景を思い浮かべると笑ってしまう!!」
飼い主:「最近は、体力に自信がありませんので、そういうことになりますか(*^_^*)。トホホ。 でも、満開の桜は綺麗と言う域を通り越しているような気がします。だから、それを写真に収めても何か意味がないような・・・。」

2021年4月1日(木) 早くも4月に入りました 販売の方はしばらくの間休憩です
飼い主:「今年は例年より早く暖かくなって、コキンチョウ達の換羽も順調に進んでいます。中には、リンゴをかじった後の軸のようになる子も出てきます。」
ピーちゃん2世:「こら、おっさん、僕達のつらい時期に何楽しそうに話しているんだ!!」
飼い主:「いや、そういう楽しいという訳では決してないのです。(-_-;) ただ、いつも綺麗な子が、汚くなる? 時期がある 何か私としては、ほっとするような気がするのです。何時も綺麗で完璧だとすると、何か近寄りがたいところがあるような気がするのですが、私だけでしょうか?」
アオちゃん3世:「飼い主さんのおっしゃっていること、私は分かるような気がします。完璧ではないからこそ、身近に感じるというところがあるのかもしれませんね。(*^_^*)」
飼い主:「ところで、ほとんどの子が換羽に突入しているという状況なので、コキンチョウの販売の方は一時ストップとさせていただきたいと思います。これで、私もちょっと一休みできます。 お陰様で現在は、最も羽数が多かった頃に比べ1/3位迄の羽数になって来ています。そうなると世話もずいぶん楽になります。楽になるだろうとは思っていましたが、こんなに楽になるとは、予想以上です。今年で、動物取扱業者をやめて元通り趣味として飼っていこうかと考えておりましたが、それなら、いっそのこと ピーちゃんを先頭にすべてのコキンチョウを 好きな方にお譲りすることにしますか!」
ピーちゃん2世:「おい、おっさん、本気で言ってるのか!!(怒) (-_-;)」

アオちゃん3世:「・・・ (*^_^*) そんなわけないですよ!今日は、エープリルフールですから。」
ピーちゃん2世:「・・・覚えてろよ! ムカツク・・・!」
換羽中のコキンチョウ

2021年3月31日(水) お知らせ
 4月2日(金)AM2:00頃~AM8:00頃までの間に10分~20分程度のサーバー停止を伴う緊急システムメンテナンスが実施されますので、この時間帯はホームページが見れない場合がありますが、何卒、ご了承ください。
飼い主:「何か今のレンタルサーバーは、システムメンテナンスで閲覧できない状況になるという案内が多いよな。以前のサーバーは、あまりなかったのだが・・・。」
ピーちゃん2世:「そうだよな。」

2021年3月23日(火) マイナンバーカードを取りに行った帰りに、今度は四国霊場第85番八栗寺に参りました
飼い主:「マイナンバーカードは要らないかなと思っていましたが、便利なところもありますので、遅ればせながら申請して本日、市役所の方へ受け取りに出かけました。その帰りに天候もよかったので、四国霊場第85番八栗寺に参りました。」
ピーちゃん2世:「今の所は、初めて参ったというお寺はないのだが、思い立ってから88番から84番までの近くのお寺はクリアできたな!」
飼い主:「そうですね。市役所に行かなければならなくなりましたので、丁度良かったです。」
アオちゃん3世:「それに、天気も良くて、少し歩いたということで心身ともにプラスになったようで、良かったのではないでしょうか? 本当の良さはそういう所なのかもしれません。それなら、無理して緻密な計画など立てずに、気が向けば参る それでもいいのではないでしょうか! 四国霊場八十八ヶ所を巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうと言われている本来の意味ではないのかもしれませんが・・・。」
85番八栗寺
85番八栗寺

2021年3月18日(木)お知らせ
 当方はパソコンでメールを送信しています。携帯からの問い合わせメールをいただいた場合、受信できるように設定していただかないと返信することができません。何卒、よろしくお願いいたします。

2021年3月17日(水) 先日、車の定期点検の待ち時間を利用し久々に四国霊場第84番屋島寺に参りました
飼い主:「先日、車の定期点検の時に、待ち時間を利用して 四国霊場第84番 屋島寺 に行ってみました。昔と大きく変わっているようで、通行料がなくなり、代わりに駐車場代が必要となっておりました。それと、以前参った時と雰囲気が変わっていたように思います。」
ピーちゃん2世:「まあ、工事をしていたところもあったということだから仕方ないわな。門の向こうに軽トラが見えるのも何か変か!  というか、もっと変なのはおっさんだよな。昔は神や仏というものにあえて目を向けずに進んで行くような性格だったと先輩達から聞いているのだが・・・、だから、自分から進んでお寺参りをするなどということは想像できないな。」
飼い主:「そういわれてみるとそうかもしれない。しかし、何だろう。無心で向き合うと何か気付くものがある。それが何かは分からない。ただ、いえることは、手を合わせた時の一瞬の無心の中にすべての答えがあるような気もしてくる。だから、足が向く!」
アオちゃん3世:「飼い主さんの心の変化とともに風景も変わって見えてくる。それでいいんだと思いますよ。ところで、飼い主さんの住んでいる、さぬき市にある一番最後の88番大窪寺から逆に回ってみようかとおっしゃっていましたが、85番はどうされました?」
飼い主:「時間がなかったので、近くの屋島寺に行きましたので、85番の八栗寺は今度にします。あれ、87番長尾寺と86番志度寺は皆様に紹介しなかったかも・・・?」
ピーちゃん2世:「おっさんが、以前参った所を忘れるほど月日が経っている状態だと、88か所すべて参るのは無理かもな。」
飼い主:「そうかも。でもそれでも良いんです。」
ピーちゃん2世:「何か俺に似てきたような・・・。」
飼い主:「そ、そんなことないです。・・・ (*^_^*)」
屋島寺
84番屋島寺84番屋島寺

2021年3月15日(月) 土地購入に至る迄(その2) 決して住所を教えてくれない不動産に戸惑う
飼い主:「いつの頃だったでしょうか? 環境が変わってきたせいもありますが、広い土地でゆっくりと田舎暮らしをしてみたいという思いが、心のどこかにあったと思います。ただ、人とのかかわりをさけたいという思いではなく、近代化を取り入れた暮らしをしながらも、自然の中に溶け込んだ暮らしをしてみたいという考えです。その思想をもとに新しい土地を具体的に検討し始めたのが、5、6年前だったでしょうか? 最初は、移転するということ自体、戸惑いもあった様に思います。今の住み慣れた家を離れて新地へ移転するということ自体、なかなか決心がつかなかった訳です。でも、少しずつ自分の考えに自信を持てるようになって、今回、やっと新しい土地を契約できたのです。そこに至るまでに、思いもよらないことがいろいろありました。まず、最初に驚いたのは、物件の問い合わせをしても決して住所を教えてくれない不動産があったことです。」
ピーちゃん2世:「そうだな、物件探しは初めてのことばかりで非常に戸惑ってたようだな。その上、おっさんに合う物件が中々見つからなかった。そして、途中で探す場所も大きく変わっていったよな!」
飼い主:「そうなんです。正直、こんなに色々あるとは思っていなかったです。まず、第一に信じられなかったのは、物件の住所を教えてくれない不動産、問い合わせに対して返答の電話やメールもくれない不動産、非常に頼りない不動産(経験がない、例えば、第3条申請等が絡んでくる物件等)、頼りになるが私にとって良い物件がない不動産 ・・・ と色々な不動産の方がいらっしゃいました。」
アオちゃん3世:「そのようですね。本当に考えられませんね。今回は、まず、最初に戸惑った、物件の住所を決して教えてもらえなかった不動産について述べてみましょう。」
飼い主:「私は、本当に検討しているということを知ってもらうために、住所や氏名、電話番号、目的等を、はっきり伝えたのですが、物件の問い合わせに対しては教えてくれますが、住所を絶対に教えてくれないのです。なぜなのでしょうか? 理由を聞いたのですがはっきりとしません。何か田舎なので売り出しているということを近くの方に知られたくないというのです。じゃ、遠くの人に売るとすれば益々、住所は必要となるのではないのでしょうか? なぜなのでしょうか? 売るのであれば、隠していては売れないのではないかと思います。しかも、日時が経ち、違う物件を何件か聞いたのですが、どれも住所を教えてもらえません。そこには、高速を利用し瀬戸大橋を渡り、行かなければなりません。どんな様子かわからないのにいきなり見に行くことは、非常に効率が悪く、コストもかかります。物件の周りの環境をGoogleの航空写真等で見て、良ければ実際に見に行こうと思っていたのです。その方がお互いに効率が良いと私には思えるのですが・・・。まるで、森を見せずに、枝や葉の説明だけしているという感じなのです。全く買う人の立場に立って考えていないように思えます。この不動産は、田舎暮らしを多く取り扱っているようでしたが、そういう不動産だと後で困ることもあるだろうと思い、以後は一度も問い合わせをすることはなかったです。住所を教えてくれない理由をはっきりと説明してくれないので、私には信用できない不動産の一つとなりました。ちなみに、その他の不動産で、住所を教えてもらえない所はなかったです。」

2021年3月14日(日) コキンチョウ達の抜け毛が少しずつ増えてきています そろそろ換羽の時期です
飼い主:「毎年のことにはなりますが、コキンチョウ達の毛が少しずつ抜け始めています。特に幼鳥達は親鳥の羽へと大きく変化していく時期になります。そうです。換羽へ突入している子達も出てきています。この換羽は1か月から1か月半位かけて徐々に抜け変わります。健康には特に気を付けてやりましょう。」
ピーちゃん2世:「全く嫌な時期だ。綺麗な俺様達が唯一綺麗ではなくなる時だな。あ、そうだ。皆さん、ご存じだろうと思いますが、日照時間には気を付けてください。」
アオちゃん3世:「そうですね。私達の換羽は日照時間にも左右されていると感じますので、出来るだけ、自然の日照時間に合わせてください。といって、今更変更してもよくありませんので、日頃から自然の日照時間を守るようにしてあげてください。なお、私達の販売につきましては、この時期以降は出来るだけ換羽前か終わりに近づいた子達を選んでいくことになります。」

2021年3月5日(金) 土地購入に至る迄(その1) やはり官公庁の一部の人はずさんな対応です
 コロナで苦しんでいる方が多い中、官公庁の一部の方のずさんな対応には本当に呆れてしまいます。そんな仕事で給与をもらえるなんて一体世の中どうなっているのでしょうか? と思ってしまう程の呆れた対応だなあと私には感じられます。結局、あちこちに電話して時間も予想以上にかかりました。
 前回お話しさせていただきましたように、新しい土地を契約いたしましたので、今私が持っているさぬき市の土地(雑種地)を売るために、道路との関係で、そこに家を建てることができるのかどうかということを聞きたかったのです。家が建築できる土地かどうかということによって、当然売却価格も変わってくるだろうと考えたからです。結果は、建てられる可能性が非常に高いようなのですが、正式には建築士の判断がいるということのようです。最初は新築は出来ないというおかしな回答だったのですが・・・。 問い合わせの時に あっちだ こっちだ と言われるので、録音しましょうか といったら、やっと全体が分かる人が出てきてくれ説明してくれたのです。この説明は大変よくわかり納得です。やはり、人によって大きく違うようです。そこまでの経緯が、あまりにも腹立たしいので、詳細をかこうかとも思いましたが、書く気にもなれません。
 ここで、これを読んでいただいている皆様方に言いたいことは、結果を鵜呑みにするのではなく、なぜそうなるのかをよく考えて、納得がいかない場合は、どんどん質問していく必要があるということなんです。例えば、今回の一部の経緯をお話しすると
「最初、都市整備課に聞いたのですが、それは、N土木に聞いてくださいということなので、N土木に電話すると新規としての建築は出来ないという回答でした。しかし、それにしては、固定資産税が高すぎると思い税務課に電話した訳です。この税務課の方とお話していると、何か変だぞと思えてきたのです。実際、その道路に頼って、最近、家を建てていらっしゃる方もいらしゃいます。なので、回答を鵜呑みにせず、建築できない理由は何かということを自分の知識で思い込むのではなく、はっきりと聞いてみる必要があるということを気付かされました。この時対応いただいた方のおかげで、再度、都市整備課に電話し、前進することができたという訳です。」
 やはり、私の経験では、会社とか役所とかということではなく、人によって違うんだなということを再認識させられました。でも、それって、困る場合も多いですよね。といっても、相手が官公庁ではどうしようもありませんね。

2021年2月27日(土) サーバーメンテナンスのお知らせ

 3月3日(水)午前2:00頃~午前8:00頃までの間に15分~30分程度のサーバー停止を伴うシステムメンテナンスを実施いたしますので、この時間帯はホームページが見れない場合がございます。何卒、よろしくお願いいたします。


2021年2月26日(金) 終の棲家と成るも良し、成らぬも良し、残りの短い?人生も最後まで前進していきます
飼い主:「私共の住んでいる環境が、大きく変化してきたこともあり、以前から考えていたことではありますが、4、5年前から本気で、半田舎暮らしができるような土地を探していましたが、ようやく良い土地が見つかり契約することが出来ました。私の考えている半田舎暮らしというのは、広い敷地(土地)の中でゆったりと暮らすことができるが、ポツンと一軒家という訳ではなく、町の中心まで車で1時間位走れば行くことができ、そして・・・ 」
ピーちゃん2世:「おい、おっさんのことやから条件が多いのと違うか!」
飼い主:「多いというか、最終的には終の棲家にしたいという思いもありますので、慎重に探していたことは事実です。おかげ様で宅地、畑や田、山、原野等色々な土地を手に入れることが出来そうです。売主の方も、親切に色々と丁寧に説明してくださったので、非常にありがたいと思っています。広さは約2万㎡・・・ 」
ピーちゃん2世:「おい、嘘言うなよ。そんなにないやろ!」
飼い主:「あ、はい (*^_^*)、 まあ、そうなんですが、今に比べると非常に広い土地になることは、事実です。宅地と地続きの所(道路は除く)の6,000㎡位と、あと少し離れたところの山が7,000㎡あるのが主となっていて、あとは点々とある土地になります。私の探している土地の条件等の詳細は、色々とあったので、そのことについては、次回以降に徐々に記載させていただこうと思っています。また、物件を探していたころから今回の物件を見つけるまでの、色々な不動産の対応等もお話しできれば、良いかなと思っています。」
アオちゃん3世:「でも、気に入った土地が見つかって良かったです。何年も色々と探された甲斐がありましたよね。実は、私達を減らすというのは、そういう背景もあったという訳なのです。その土地が飼い主さんの終の棲家になると良いですね。」
飼い主:「アオちゃん、ありがとう。 正直、終の棲家となるかどうかは現段階では分かりません。ただ、購入しようかどうか迷っていた時に、家内が ”お父さんの行くところはどこであれついていきますよ” とはっきりと言ってくれたことで、最後の一歩が踏み出せたように思います。ありがたいことです(*^_^*)。」
アオちゃん3世:「最後に、非常にお待たせいたしましたが <(_ _)> 、コキンチョウ等の小鳥の販売を本日より開始させていただきたいと思いますので、是非、小鳥等の販売のページをご覧いただければ幸いです。」

2021年2月18日(木) 今迄同様ホームページは継続する予定です
飼い主:「動物取扱業者はやめる予定でおりますが、ホームページにつきましては継続するつもりですので、よろしくお願いいたします。」
ピーちゃん2世:「何だよ、前回変な宣言をするから、皆様からホームページも収束と一緒にやめるのかと勘違いされているだろうが! ちゃんと書けよな。」
飼い主:「すいません<(_ _)>。 ところで、親鳥を販売する一番の候補はピーちゃんからだよな アハハ(*^_^*)。」
ピーちゃん2世:「おい! (-_-;) おっさん、本気で言ってるのか?」
アオちゃん3世:「いえいえ、そんなことは絶対にないですよ。飼い主さんは、いろいろ言っていてもピーちゃんは気にいっています。変なことを言うと、また、誤解を招きますよ。 とにかく、ホームページやメールアドレス等継続していく予定でございますので、ご心配は不要かと思います。動物取扱業者をやめるだけとお考えいただければ良いかと思います。なお、小鳥の販売は来週中にホームページに掲載する予定ですので、よろしくお願いいたします。」

2021年2月15日(月) 動物取扱業収束に向け進んでいきます ・・・ 重大発表?
飼い主:「私共が、動物取扱業を取得し販売を始めてから早くも11年目になります。お陰様で小鳥を通じてたくさんの皆様方と知り合いになれ、一人で趣味として飼育していたころに比べ、誠に有意義な生活を送ることができたと深く感謝いたしております。動物取扱業の次の更新期限までには、まだ、ずいぶん時間がありますが、諸事情により今年中に動物取扱業をやめる予定でおります。」
ピーちゃん2世:「ということは、僕達の繁殖期を考慮すると7月位迄で販売を終了するということのようだな。」
飼い主:「そうなんです。幼鳥や若鳥の販売は言うまでもないのですが、親鳥も希望者にお分けして大幅に減らそうと思っています。」
アオちゃん3世:「分かりました。仲間が減るのは非常に残念なことではありますが、無理をすると楽しい小鳥生活も楽しくなくなりますからね。ただ、お歳からしてもう少し頑張ってほしかったとは思うのですが・・・。ただ、飼い主さんは中途半端は嫌いなので仕方のないことだと思います。」
飼い主:「ご理解ありがとうございます。それでは、今年は親鳥や幼鳥の販売から少しずつ始めていきたいと思っていますので、用意が出来ましたら小鳥等の販売のページに載せていきます。販売は今年が最後となる予定ですのでよろしくお願いいたします。なお、新規の方の問い合わせや注文はメールにてお願いいたします。」


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター