アルティメットバードインスティチュート ヘッダー コキンチョウ 販売
ご訪問ありがとうございます。  カウンター
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
(初めてご訪問いただいた方はこちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。)
一言 or お知らせ    

2021年1月22日(金) 整理整頓
飼い主:「今年は人生で大きな節目にするので、現在、長年生活に使用していたいろいろな物を整理しています。全く不要な物、思い出がある物、大切な物、まだまだつかえる物 といろんな物があり、どう整理をしていくかで迷ってしまいます。不要なものは当然捨てなければ、片付きません。しかし、この不要な物という判断がなかなかつかず迷います。私はどちらかというと物を大切にする方なので、苦労して手に入れたものはなかなか捨てられずに、使用しなくなっても置いておく習性?があります。その上、捨てようかどうか迷った時に、後で必要になる時があるかもしれない と思って捨てずにおいておいた物に限って、その後使うことがなく、逆にいらないだろうと思って捨てた物に限って、あればよかったと思うことがよくありますので、なおさらです。世の中というものはそんなもんなのでしょうかねぇー? (*^-^*)」
ピーちゃん2世:「おっさん、何をごたごた言って迷っているんだ! くだらないなあ。 どうしようかと迷った時には捨てる それが、整理の基本だ! 例え大切にしている物でも死んで迄は持っていけないぞ!」
飼い主:「そ、そういわれるとそうなんですが、会社に勤めていたころの行動予定や仕事内容のメモ、社員証の外箱、思い出のための多すぎる写真やビデオ、今では使わなくなったコンピューター関連のソフトウェアー、汎用機の使用できなくなった大きなテープやカード等のハードウェアー・・・ 等、上げればきりがありません。不要といえば全く不要の物もあるのですが、思い出も多く、どの段階で捨てれば良いのかということでも迷います。とにかく物の整理をしながら、同時に心の整理をもしていきたいと思います。」
アオちゃん3世:「何事も変化のないものはありません。出会いがあれば必ず別れもあります。また、現状では生があれば必ず死があります。最後は無になるのです。だから、過去の栄光や思い出等にとらわれずに、1日1日を楽しみながら、最後まで前を向いて生きていくようにすればいかがでしょうか。私はそれしかないと思って生きています。」

2021年1月4日(月) お知らせ
 小鳥の販売は、しばらくの間休止とさせていただいております。また、当方との取引が初めての方で、ご質問等がございましたら、どうぞホームページをよくお読みいただいてメールをいただければ幸いです。特に、住所、氏名を明記されていない方につきましては、いたずらメールの可能性もあり、返信は致しておりません。逆に、明確に記載されている場合は、返信をしないということはございませんのでよろしくお願いいたします。
※〇〇県の田中や鈴木等の略式記載の場合は、いたずらメールと判断させていただいております。命のある生き物を取り扱っておりますので、法律を守り、ご配慮いただける方のみと取引をさせていただいております。

2021年1月1日(金) 元旦
飼い主・アオちゃん3世・ピーちゃん2世:「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。」
ピーちゃん2世:「今年はどんな年になるのだろうか。」
アオちゃん3世:「自分の力でより良い年にします。」
飼い主:「目標に向かって最後まで進んでいこうと思っています。」
飼い主・アオちゃん3世・ピーちゃん2世:「前進あるのみ!」



2020年12月30日(水) ご挨拶
飼い主・アオちゃん3世・ピーちゃん2世:「いよいよ、2020年(令和2年)も明日で終わりです。今年の話題はなんと言ってもコロナウィルスでしょう。コキンチョウをお分けする場合も、今迄に経験のない屋外でお渡しするという異例な方法で対処させていただきました。また、後半では、鳥インフルエンザも出てきて、大変な年になりました。皆様方には、今年もいろいろとお世話になり誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えください。」

2020年12月25日(金) 2020年総集 小鳥編
飼い主:「今日は、早くもクリスマス。1年はあっという間に過ぎてしまいます。うかうかしていたら、あっという間に人生が終わってしまっていたということにもなりかねない速さです(*^_^*)。 この辺で、気を引き締めて残りの人生を悔いなく過ごしたいと思っています。」
アオちゃん3世:「さて、私達の話題ですが、飼い主さんの手助けもあり、自育による繁殖は数年前から完全に軌道に乗っていて、今では自育という言葉さえ薄らぎ当然のこととなっています。みんな、本来の姿である自育するということが当たり前になって来ています。もう、昔のように十姉妹さんにお願いする必要は全くありません。今年から飼い主さんが全体の羽数を減らそうとしていらっしゃいますが、それでも、例年通り多くの幼鳥達が誕生し、今年も既に100羽を超えて来ています。」
ピーちゃん2世:「まあ、僕達はおっさんに比べて優秀だからなあ。羽数が増えても仕方ないかあ・・・。アッハッハ。 そういうわけだから、十姉妹は僕達には不必要ということになる。ただ、おっさんが多くの羽数を飼う気がないコモンチョウ達は、まだ、十姉妹に頼っているという状況だ。しかし、今年で十姉妹を1ペア迄減らしたので、これで終わりかと思ったら、その子供達でペアを作ってコモンチョウの仮母専用として使用しているのだ。まあ、でも最後の灯という訳か! ただ、僕達をも減らそうとしているのはどういうことだ? 許せんな!」
飼い主:「すいません。あなたたちの世話は365日、1日も休むことはできません。楽しいことは多いのですが、やはり、羽数が極端に多くなると苦痛になってきます。そこで、幼鳥達から減らそうとしているのですが、かわいい幼鳥達を見るとついつい手元が緩んでしまいます。仕方ないので、やがて、皆様方にたくさんお分けして楽しんでもらおうと思っています。<(_ _)> そして、最終的には親を老鳥も含めて35ペア位迄減らしていこうと計画しています。」
ピーちゃん2世:「はーあぁ! それなら、まずは、コモンチョウを減らせよな。 というかコモンチョウはいなくてもいいんじゃないか! 中途半端に飼うのは良くないぜ!!」
飼い主:「・・・」
アオちゃん3世:「ところで、今年の後半は鳥インフルエンザの流行でも大変です。特に、私たちのいる香川県ではどういう訳か、大流行のようです。でも、私達は飼い主さんが十分注意してくれているので全然心配はしていません。ただ、皆様方の中には、人にもうつるのではないかと心配される方もいらっしゃるようですが、安心して下さい。 鳥から人にうつるのは、きわめて稀なんです。国内では鳥から人に感染した事例はないようです。」
飼い主:「その通りで、鳥類から哺乳類への感染は通常は壁が高い。むしろ、哺乳類同士や鳥類同士といった同類での感染の方が心配になります。
 鳥インフルのウィルスはもともとカモなどの水鳥が持っているのですが、感染しても通常は病気にならないのです。このウィルスが狭い禽舎で飼育されている家畜の鶏にうつり、感染を繰り返し ”強毒性の高病原性ウィルス” に変化したのではないかと言われています。 今年はコロナウィルスだけではなく、鳥インフルにも打撃を受けている人間界です。人間達は本当に賢いといえるのか? 自分勝手ではないのか? 一致団結できるのか? 自然を本当に理解できているのか? ・・・等、今、ウィルス達に試されているのではないでしょうか。少なくとも私には、そう思えてなりません。」

2020年12月22日(火) 2020年総集 車編
飼い主:「車につきましては、今年も家族の車も含めて大きな故障や事故等もなく順調に役に立っています。現代では車を使用して移動するのは、当たり前のようになっていますので、もし、車がなかったとしたら田舎では大変なことになります。」
ピーちゃん2世:「田舎の場合は、特に車は必需品だからなあ。確かに、現代の生活スピードの流れの中では、車がないと大変なことになるよな!僕達でもわかるよな。」
アオちゃん3世:「でも飼主さんが子供の頃は、車などない家庭の方が多かったということのようですよ。その時から考えると、だんだんと便利になっていく世の中ではありますが、歩くという動物としての本来の姿を忘れてはいけないのではないかと思います。」
飼い主:「そうなんです。だから私は週に何回かは20分以上歩くということを心がけています。便利であるということは、いいことなのですが、決して、便利さに溺れることなく、便利な道具を使いこなしていく、ということを念頭に置いて行動しているつもりです。(*^-^*)」
ピーちゃん2世:「ところで、おっさん、香川トヨタのY氏に何か頼んでいたのはなんだ?」
飼い主:「ああ、それね。スタッドレスタイヤを付けていただくように頼んだんです。最初は、自分の車につけようかと思いましたが、スバルのディーラーの金額を聞いて今回は、即、やめにしました。」
アオちゃん3世:「誤解のないように少しご説明させていただきますと、飼主さんの地域は雪が積もることはほとんどありません。実際、チェーンを付けて走行しなければならなくなったことは、今迄に数回しかなかったということです。ちなみに、今の飼い主さんの車は、買い替えて5年を過ぎますが、その間にチェーンを着用したことは1度もないそうです。だから、スタッドレスタイヤを付ける必要はほとんどありません。」
ピーちゃん2世:「じゃなんでつけるんじゃ?」
飼い主:「はい、今後、山へ行く機会が増える予定なので、スタッドレスタイヤを付けていた方が安全だと思い、予算と使用頻度から考えて私の車ではなく家内の車につけることにしたという経緯になります。そうすると状況によって私の車で行くか家内の車で行くか使い分けることができます。」
ピーちゃん2世:「なるほど、そういうところは、悪賢いよな!」
飼い主:「それって、悪賢いというか!??? 」
アオちゃん3世:「飼い主さんの希望はタイヤはブリヂストンのVRX2で、特に注意したいのが古い生産日のタイヤは不可で、必ず2020年製のものにしたいということなのです。」
飼い主:「そうなんです。家内の車はダイハツのムーヴカスタムで165/55R15になります。当然、タイヤはネット購入が一番安く購入できます。特に通常は、ホイールとタイヤを同時に購入すると割安になります。しかし、ホイール込みのセットの場合は、タイヤの生産年を明記しているところがほとんどありません。そこで、生産年が確実にわかるタイヤのみネットで購入し、ホイール購入とタイヤの組み込みを香川トヨタのY氏に依頼したという訳です。通常であれば、ばらばらで購入すれば割高になりますが、そこは、Y氏の配慮をいただいて安く購入することが出来ました。最もホイールはダンロップを使用したので、単純には比べられないのですが、VRX2をつけたかったので、ホイールは何でも構わないのです。結果的に、タイヤは2か月ぐらい前の非常に新しいものが手に入り、組み込みは信頼できるディーラーに依頼するので、問題無です。これで、雪が降っても大丈夫で安心できます。今週車に取り付けてもらう予定ですが、初めてのスタッドレスタイヤ!どんな乗り心地になるのでしょうか?」
ピーちゃん2世:「ちょっと待てよ?なぜ、車を購入したダイハツのディーラーにお願いしなかったのだ?」
飼い主:「色々とあるのですが、簡単に言うと、担当者も変わっていて、めちゃくちゃ高かったからなんです。今の所、車全般のいろいろな相談ができるのは、私がトヨタの車を所持していたころからの付き合いが長い香川トヨタのY氏なのです。もちろん、家族の者のトヨタ車もお世話になっています。」

2020年12月18日(金) 2020年総集 農作物編
飼い主:「今年は例年のようにいろんな野菜を作ることはなく、ジャガイモとサツマイモのみ作りました。」
ピーちゃん2世:「おっさんは、ほとんど何もしていなかったようだが、ジャガイモは結構できていたよな。」
飼い主:「はい、その通りで、長男が主に作ってくれまして、おかげでジャガイモは最近までおいしく食べることができました。イモ類はあまり手がかからず、よくできるのでありがたいです。」
ピーちゃん2世:「おっさんは、今年は、ほとんど何もしていないのによく言うわ!!」
アオちゃん3世:「飼主さんは、以前から考えていたある大きな決断をしようとしていまして、今年はそれに時間がとられていたので勘弁してあげてください。今迄、いろいろありましたが、順調にいけば来年は人生の大きな転機を迎える年になりそうですね。楽しみです。」
飼い主:「そうなればいいのですが・・・。私は "物事は9割方達成できたと思った時に、やっと半分達成できたと思い、最後まで気を抜かずにやり遂げなさい。もし、そこで安心してしまい気を緩めてしまうと、もう少しの所でダメになる場合も多いんだよ" という考え方を母から教わったことがあります。」
ピーちゃん2世:「なるほど、今人間界を騒がせているコロナ対策にも当てはまりそうだな! おっさんのお母さんの物事に対する考え方は、おっさんより数段素晴らしかったという話だよな。」
アオちゃん3世:「飼主さんの両親はもうすでにこの世にいらっしゃらないのだが、そういうお年寄りは家族の宝だといえるでしょう。」
飼い主:「ところで、父の残してくれたヰセキのトラクターの全体の整備をしてもらおうと、ヰセキ中四国高松東営業所 に相談したのだが、全く相手にされず頼めそうな感じではなかったので、オイルフィルター交換に変更して依頼したのであるが、やはり、思った通り、対応も非常に悪かった。メーカーの販売会社であるという立場をどのように考えているのだろうか? まあ、ここでは多くを語りたくはないが、なんともずさんな対応である。彼らは、新しいトラクターを買わすことだけを念頭に置いて対応しているのだろうか? 私が見ているとフィルター交換なども非常に雑で、技術者としてのほこりなどはみじんも感じられない。少なくとも私にはそう思える対応であった。こういう販売会社の態度に接すると、ヰセキのトラクター自体いやになる。しかし、古くてもこのトラクターは、いわば父の形見なので壊れるまで使いたいし、大切にしたい。その思いが届かない販売会社からは今後絶対に購入することはないだろう。」

2020年12月10日(木) 2020年総集 次の更新はオンライン講習になっていることを期待します!
飼い主:「5年後に生きていて無事に更新することができるだろうか? と以前、車の免許の更新をした時にふと思いましたが、今年、無事にその日を迎えることができました。免許の更新自体は、何時ものようにすんなりと更新できた訳ですが、一番、いやな講習受講については、将来的に優良運転者講習はオンラインにて受講できるようになるということのようで、とてもありがたいです。最も次の更新まで私が生きていればですが・・・(*^_^*)。」
アオちゃん3世:「そうですね。特にコロナウィルスの影響もあり、講習にオンラインを取り入れようとする方向へ動き出したことも事実でしょう。出来れば、飼い主さんが受講しなければならない今年にオンライン講習ができればよかったのですが、なかなか、制度を変えるのは、一朝一夕には行かないようです。」
ピーちゃん2世:「今年は、人間界ではコロナウィルスという、今迄にない強敵が現れたようで、このウィルスにより人間達の生活が一変しようとしているよな。」
飼い主:「その通りです。私達の生活様式が大きく変わっていくきっかけとなっているようです。生存競争は、生物達の宿命です。みんな必死です。人間も決して例外ではありません。だからこそ、多くの生物達の命をいただいて、今を生きているということを決して忘れてはなりません。今の繁栄は、その命のおかげなのです。自然の保護を真剣に考えない身勝手な人間が増えてきているように感じる昨今、人間が永遠にウィルスに打ち勝っていくことは、できるのでしょうか?」

2020年12月6日(日) 2020年総集 パソコン編
飼い主:「今年は、9年ほど使用していたノートパソコンから、ディスクトップパソコンへ主に使用しているパソコンを変更いたしました。動きも快適で使用感は抜群です。やはり、速いということは気持ちの良いことかもしれません。」
アオちゃん3世:「でも、ディスプレイの方はノートパソコンにつけていた物を最近まで使用していて、今月に入りやっと4Kモニターに変更し、パソコンのハードウェアーのシステムはとりあえず完了ということになったという経緯です。」
飼い主:「そうなんです。IPS、HDR対応の4Kモニターをセールにて価格が下がったところで、やっと購入できたという流れなんです。(*^_^*) そのモニターの解像度はいうまでもありませんが、画像の表現力も素晴らしく、今まで見ていたカメラでの写真や映像も、より本物に近づいて再現できているように思えます。素晴らしいです。」
ピーちゃん2世:「じゃ、問題点はなかったのか?」
飼い主:「私の場合は、パソコンの本体やプリンター、スピーカー等も机の上に置いていますので、27インチが精一杯だったのですが、4Kモニターの大きさとしてはもう少し大きい方が良いのかもしれません。また、最初から4Kモニターに変えようと思っていましたので、本体にはそれなりのグラフィックボードを積んでいますので問題ありませんが、そうでない場合は、見るものによってはグラフィックボードの強化等が必要になってくるものと思われます。まあ、それぐらいのことで、特に問題点というのはありません。
 昔、松下電器産業(株)に勤めていたころ、映像(モニター)専門のある方に教えてもらったことがあります。一言でいうと良いモニターというものは、本当の色に近い色を再現できている。しかし、明るくして綺麗に見せてごまかしているモニターもあるので、注意が必要・・・。 ということなのです。つまり、簡単に言うと自然な明るさで、本当の色を再現できているモニターが良いモニターなのだと教えてもらったのです。当時は、業務で使用するモニターを実際に見ながら説明してもらったので言われていることがよくわかったのです。それまで、コンピューターの単なる周辺装置であるモニターとしてしか見ていなかった私でしたが、説明を聞いて納得したというべきでしょうか。 何事も奥が深いなあと思った次第です。それ以来、モニターという物に対しての見方が変わったのはいうまでもありません。映像に関しては素人の私ですが、それ以来、パソコンのコントラストやブライトは下げて使っています。新しいモニターを手にするとその方のおっしゃった言葉と映像が今も脳裏に浮かんできます。」


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター