アルティメットバードインスティチュート ヘッダー コキンチョウ 販売
ご訪問ありがとうございます。  カウンター
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
(初めてご訪問いただいた方はこちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。)
一言 or お知らせ    

2021年12月5日(日) 柚子が大小合わせてたくさん取れましたが・・・
飼い主:「先日、残りの姫柚子の収穫をしてたくさん取れたのですが、これらの柚子の使い道は・・・?」
ピーちゃん2世:「昔から、皮を汁に入れていたかな?」
アオちゃん3世:「ジャムにしたり、冬至にお風呂に入れたりしますよね。でも、たくさんあると余り気味になりますよね。どなたか柚子のベストな使い方を知っていらっしゃる方は、教えて下さい。」
飼い主:「お汁やお風呂に入れるのは知っていましたが、それだけでは、余ります。ジャムはどうなんでしょうか?」
姫柚子

2021年11月26日(金) 終活スタート その1 まずは、整理から
飼い主:「終活の意味は色々あると思いますが、遅ればせながら自分なりの終活に突入しようと思っています。まずは、身の回りの整理からスタートです。そこで、まず、目についたのが写真やビデオの多さです。小さなころの8ミリ(今はDVDに変換)もあります。親が色々と写してくれている上、自分で写したものも結構ありますので、懐かしく整理して行けるのですが、いざ捨てるとなると迷います。多くの写真を全て捨てるのか? 選んでもう少し置いて置こうかという気持ちにもなります。迷ってはいけないと思うのですが迷います。私は写真を写すことが好き というより写真機という機械が好きなので、おのずと写真も増えてきます。」
ピーちゃん2世:「でも、もう、その辺にしておかないと死んでまでは持って行けないぞ!」
飼い主:「そうなんですよね。こうなると何のために写真を写すのかという意味を考えさせられます。写すことに夢中になって、その場の行動に集中できない時もあります。また、やたらたくさんあってもしかたないような気もします。」
アオちゃん3世:「写真を写して残したい気持ちは私にも良くわかります。でも、あれもこれもとたくさん写すより、適当な枚数を写された方が良いのではないでしょうか?その方が、その時の行動に集中できると思います。それに、写真のための行事という感じになっては、本末転倒ではないでしょうか? 皆様方、覚えはありませんか・・・?(*^_^*)  しかも、あまり多いと後で見ても意味が薄れてくることもあります。なので、ほどほどにした方が良いのではないかと私は思います。」
飼い主:「確かに、自分が体験すると本当に良くわかります。今後は、写真の写し方(残し方)や役割を考えて行きたいと思います。」
アオちゃん3世:「終活、色々な意味があると思いますが、今迄の人生を振り返って今後の人生の生き方をも考えるということにもなるようで、確かに意義があるように思います。」

2021年11月25日(木) お知らせ
 1215日(水)午前2:00頃~午前6:00頃までの間に最大15分程度の接続断を伴うネットワークのメンテナンスを実施予定です。その時間帯は、ホームページが見れない場合がありますが、何卒ご了承ください。

2021年11月20日(土) 土地の段差につまずきながら大格闘?腰や腕、体のあちこちが痛いです (-_-;)
ピーちゃん2世:「もう、歳と言ってもおっさんはまだまだ若い! お年寄りの中では小学生ぐらいだよな。なのに、早くも腰や節々が痛いとは情けないな。」
飼い主:「おいおい、違いますよ。単純にそうなったのではありません。時間のない中、岡山の畑で柿、キューイ、柚子の収穫をしたからなのです。柿の木も数本ありまして、家の前にある柿は非常に目立ちますが、渋柿で、非常にたくさんの実を付けています。当然、そのままでは食べれませんので急いで収穫せずにそのままにしています。鳥もあまり食べた様子がありません。ところが、離れている所にある柿の木2本が、今迄は目立たなかったのですが、今回行くと甘柿がたくさん成っているではありませんか。家の前になっているのは渋柿でがっかりしていましたが、甘柿が数十メートル離れた端の方にあったことに気付いたという次第です。鳥も食べている様子なので、急遽、慌てて収穫したということになります。山の段差の少しある緩やかな斜面にある大きな木ですので、重い長靴を履いて竹の竿を手に上を見ながらの収穫なので、つまずいて転びそうになったり、落ちそうになったりで足も少々痛めて大変でした。」
アオちゃん3世:「その柿について、一つ疑問に思うことがあります。それは、渋柿の実をとらずになったままにしておいたので、甘柿の方も鳥にあまり食べられずに助かったのではないかということです。今後の実験の課題となります。来年あたりから、突き詰めていきたい課題でもあり興味が湧いてきます。」
ピーちゃん2世:「なるほど。そういえば、渋柿は多くの人がそのままにしているような感じがするよな。収穫しても人手不足で干し柿にはできないということもあるのかもしれないが、渋い柿があるからこそ、甘い柿があまり食べられないのかもしれない。」
飼い主:「ああ、そうかもしれませんね。でも、アオちゃんのように賢い鳥もいるでしょうから・・・? 今回は、収穫するための道具を持って行ってなかったのですが、流石に自然は楽しいです。横に生えている竹を切り、先端を割って、昔、子供の頃に渋柿を取るために親から教えてもらった道具を作成し、大変ではありましたが、楽しく柿取りをすることができました。 何、味ですか? 外側は綺麗ではない物もありますが、皮をむいた中は綺麗で、食べるとみずみずしく、甘く非常においしかったですよ。やはり、なぜか売っている柿とは違うように感じます。」
アオちゃん3世:「柚子はみかんのように大きい物と小さいものがあるのですね。」
飼い主:「そうなんです。小さい姫柚子は、時間がなく数個取っただけなので、まだ、全てを収穫できていません。2階くらいある木なので、大変です。また、次回挑戦します。今度は高枝切狭を持って参ります。」

2021年11月16日(火) ダイハツのディーラーは ほんと大丈夫か?
飼い主:「以前、私が追加で検討している車のモデルチェンジ情報が入ったということで、ダイハツのディーラーの担当者より連絡があり、予約をしてそのお店迄行ったところ、他の人との別の案件でのダブル予約になっており、謝罪もなかったということをお話しさせていただいたと思います。」
ピーちゃん2世:「そうだな、車に興味のある方は覚えて下さっているのではないかな。新しい、軽トラが出るということだったのだ。新しい車が出るということはもう、はっきり言っても良い時期だよな。」
アオちゃん3世:「そのお店は、奥様のムーヴカスタムをO氏より購入し定期点検や車検もしていただいていたお店なのです。ただ、途中で、営業の担当者がN氏に変わったことで、変化があったように思います。そのお店は、香川ダイハツモータースの〇〇店なのです。」
飼い主:「そこで、今回は、別の△△店にムーヴの車検をお願いしたのです。ところが、そこで、またまた、呆れる事態が起こったのです。車検は無事に1日で終わりましたので、車検証を送っておいてくださいとお願いして終了となりました。ところが、営業マンが車検証を送らずに届けに来たのです。そのこと自体は、悪いことではないのですが、ずさんな届け方で、番地も確認せずに、ムーヴが見えたからと言って、声かけもせずに隣の家のポストに入れたのです。その上、封筒には何の宛先も書いていないので、単なる広告やチラシに間違われる可能性もあります。その、安易な行為はとんでもなく信じられません。行動に差し支えないように予定をして車検したのですが、いろいろと時間が無駄になったという訳です。そんな仕事で成り立つとは、もう何も言えません。一つの店舗だけではなく二つ目の店舗もひどい状況で呆れ果てています。車検証という大切な書類が入った物の扱いが、こういうことで本当に大丈夫なのでしょうか?」
アオちゃん3世:「そういうことですと会社自体も疑いたくなりますね。でも、やはり、最も重要なことは会社の姿勢も当然ありますが、如何に、良い人にめぐり合うかということだと思います。良い人であるかどうかは、すぐに判断できず、長い時間をかけてやっとわかったという時もあるでしょう。大変、難しいことだと思います。」
飼い主:「そういう意味で、引っ越しなどすると一からそういう方を探さなければならなくなり、より、大変なような気がします。しかし、大きな目で見ると各地で良い人に巡り合うことにより、自分も成長することが出来き、視野が大きく広がるという利点にもなってくるものと思います。」

2021年11月13日(土) 地震の前に雉が鳴く ← 本当でした
飼い主:「あれ、久々に雉が警戒音を出しているぞ?」
ピーちゃん2世:「地震だな。バタバタ!」
アオちゃん3世:「そうですね。飼い主さん気を付けてください。」
飼い主:「え・・・ と思っていると本当に地震です。おい、地震だ!避難避難!」
と焦っていると、家内が
家内:「でも、緊急速報がなっていないので大きく無いんじゃない。」
と落ち着いた様子。で、その通り、すぐにおさまりました。
アオちゃん3世:「どうも、近くの播磨灘を震源とするマグニチュード4.0の地震で最大震度は3のようです。大きな地震ではなく本当に良かったですね。」
飼い主:「昔から地震の前に雉が鳴くということを耳にしますが、本当のようです。本日、確かに体験できました。ただ、雉は普通に鳴くのではなく、警戒音の鳴き方のようです。これだとわかりやすいです。鳥達は、なんだかの異常を感じて地震が来るのが、わかるようです。雉の場合は比較的早くわかるような感じですが、もっと、早くわかってくれれば助かるのですが・・・。」

2021年11月9日(火) 良い香りを放っていたのですが、一晩で散ってしまいました
飼い主:「ここの所、天気が良く、昼間は暖かい日が続いていたのですが、昨晩、突然風が非常に強くなり雨も降りました。そのせいで、綺麗に咲いて良い香りを放っていたキンモクセイの花が残念ながら散ってしまいました。」
ピーちゃん2世:「まあ、そういうこともあるわな。それが、自然ということだ。でも、そんなことには負けずに、トイレ等で匂っているところもあるんじゃないかな?」
飼い主:「ん・・・? それは、キンモクセイの香りがする芳香剤のことだろ!」
ピーちゃん2世:「じゃ、おっさんは本物と芳香剤との区別がつくんかい。どう違うんだ。」
飼い主:「・・・確かエステルで」
ピーちゃん2世:「そんなことはどうでもよいから、目隠しして、見分けられるか?」
飼い主:「それは、もちろん、・・・・?」
アオちゃん3世:「そうですね。本物のキンモクセイの匂いは、秋のような感じの中で甘い匂いがして暖かい感じがしますが、それに対して、芳香剤の方は冷たい感じがしますよね。」
飼い主:「そ、そ、そうなんだよな。その通り・・・でも、目隠しした上で本物を当てるのは・・・。」
大きくなったキンモクセイ
一晩で散ってしまったキンモクセイ

2021年11月1日(月) スペックを満たしていないノートパソコンにWindows11を
アオちゃん3世:「ということで、Windows11のスペックに対応しているパソコンは、Windows10から11へアップグレードするのは簡単です。残念ながら対応していないパソコンは、しない方が良いでしょう。が、飼い主さんの性格と立場上、パソコンに関してはこんなことではあきらめず色々と調べ追求します。そして、プロセッサがサポートされていないノートパソコンではありますが、Windows11にアップグレードしてみたようです。」
ピーちゃん2世:「おっさんのやりそうなことだな。良い子の皆さんは決してマネしないでください。無理にバージョンアップすると、すべて責任は自分で取らなければならなくなりますのでご注意を!」
飼い主:「マイクロソフトのホームページに、”最小システム要件を満たしていないデバイスに Windows11 をインストールする” という題で、説明してくれていてダウンロードも出来ます。補償対象外で自己責任でということでしょうが、私にとっては、非常にありがたいです。デスクトップパソコンと操作方法が異なるのも使いにくいので、ノートパソコンは Windows11のISO を使用してWindows11にバージョンアップしてみました。結果、今の所は正常に動いているようです。」

2021年10月31日(日) Windows11にバージョンアップしました → 仕事に使用していないので気軽に出来ます
飼い主:「主に使用しているデスクトップパソコンのOSをWindows10からWindows11へバージョンアップしました。通常、仕事で使用していて専用のアプリを使っている場合、バージョンアップはしない方が良い場合が多く、特に困ることがなければ、バージョンアップは、急いではしないというのが現在のパソコンでの定石です。但し、私の場合、今は個人で使用していて仕事で使用するということではないので、実験の意味もかねて気軽にバージョンアップできますので、早速バージョンアップしてみました。」
アオちゃん3世:「色々と変わっているところがあるようですが、良いところはありましたか?」
飼い主:「はい、まだ、いろいろと試せてはいませんが、あるアプリケーション内で文字(フォント)を大きくした時、拡大率によっては、カーソルの位置と表示される文字の位置がずれることがあり、使用しにくかったのですが、それが直っていました。また、ディスプレイのリフレッシュレートが指定した値から、時々微妙にずれることがあったのですが、それも直っているようです。速度に関しては、ハードウェアーの全てが比較的高いスペックのパソコンなので、あまり影響はないようです。むしろ、OSに関係あるスタートボタンや画面の表示、アプリ等が変わっていたり、新しいと思われる機能が有ったりで、少し戸惑いながら操作しているので、少し遅くなるという状況です。まあ、そのうちに慣れると思います。」
ピーちゃん2世:「おっさん、ノートパソコンはどうするのか?」
飼い主:「それなんです。ノートパソコンは、プロセッサが今の所Windows11には対応していないので、Windows10のまま使っていくしかなさそうです。」
ピーちゃん2世:「そうか。そのノートパソコンはあまり古くはないのだが、安かったからな! 買ってすぐに画面が壊れ修理で無償対応ということになって、しかも3年ぐらいでタッチパネルが壊れ、今はタッチは使用していないよな。 DELLも昔に比べて電話対応も悪くなったようだし、ハードも質が落ちているのかな? まあ、貧乏人はつらいってとこか。」
飼い主:「・・・」

2021年10月29日(金) 一難(土地購入)去ってまた一難(家)
飼い主:「土地を購入したことはお話しさせていただいたと思いますが、次は住む家をどうするかです。最初は家を建てようとして相談していましたが、香川県にいて岡山県に家を建てるとなると 思った以上に大変です。県が変わると香川県では対応できないという大手ハウスメーカーや、一度も担当者が現場を見ずに提案してきたり、業者が岡山の現場を見ても他社と比べていい加減な見方(見積)をするハウスメーカーもあったりでうんざりします。その上、中には他社を意識してか訪問した日に見積をいただく予定であったのを数回ずらしてくるハウスメーカー等もあったりで、正直、いやになります。しかし、その中でも、こちらの立場に立って色々と親切に考えていただき、色々な提案を積極的にしていただいたメーカーもありましたので、一安心という所です。まあ、メーカーというより担当者なのかもしれません。」
ピーちゃん2世:「じゃ、そのメーカーと契約したのか?」
飼い主:「いえ、結論から言うと契約していないのです。理由はいろいろありますが、岡山に住んでいて交渉した方がいろんな面で間違いも少なくやりやすいのではないか、というより、そうでないと上手くいかないのではないかと感じたことが一つの理由なのです。」
ピーちゃん2世:「なぜ、そう感じた?」
飼い主:「はい、少しややこしくなりますが聞いてください。私が今迄、土地を購入したというように書いていると思うのですが、それは、土地に最重点を置いて購入したということで、実は、母屋、離れ、納屋、小屋等の家も付いているのです。この母屋の建物を壊して新築しようと考えてハウスメーカーと交渉していたのですが、その前に納屋の入口の戸が壊れかけていたので、まずは、その納屋を先に改修することにした訳です。その改修は先月完了したのですが、その時、施工間違いがあったり、工期が遅れたり、業者の方が間違えて廃材を私の土地ではない所に置いたりしていて、進捗や状況を把握するのが非常にやりにくかったのです。ただ、業者に気付いたことを言うとすぐに対応はしてくださいましたので、改修自体は問題なく無事終わり納屋が立派になりました。この経験により、まずは、現在ある家の一部を改築し住めるようにして、新築については岡山に住んでから検討することにしました。」
ピーちゃん2世:「そうか。考えは なるほどな と思うわ。でも、おっさんが生きている間にできるかどうかそれが問題だ!」
飼い主:「まあ、とにかく行って住んでみてから考えることにします。」
アオちゃん3世:「色々なことを考えて実行するのは良いことだとは思いますが、時には遠回りになることがあっても少しずつやらないとわかりにくいこともあります。失敗しないように様子を見ながら、まずは、一歩前進しましょう。ローン減税は残念ですが、その方が私も良いのではないかと思います。」
改修中の納屋

2021年10月25日(月) 最後に残っていたスズムシが旅立ちました
飼い主:「昨日、最後まで残っていたスズムシのメス2匹が天国に旅立っていきました。これから本格的な冬がやって参ります。あっという間に、年末、正月ということになります。毎年、スズムシがいなくなる度に1年の短かさを痛感します。」
ピーちゃん2世:「というか、お互いに与えられた人生(鳥生)には限りがある。だからこそ、その中で悔いのないようにどう生きるかということで、みんな頑張っているんだ。おっさん、わかっとんかい!」
飼い主:「あれ、ピーちゃんにしてはまともな見解?」
ピーちゃん2世:「バカにすんなよ。俺は何時も控えめに知らないふりをしているだけだ。いい加減解れよ! それも一つの生き方というか考え方だと思うよ。少し知っていたぐらいで、自分が知っているという大きな誤解をし、向上心をなくしてしまってはお仕舞だ。死ぬまで勉強、俺はそうありたい と思っている。」
飼い主:「ということで、実際、アオちゃんより人気のないピーちゃんですが、本当はすごいんですよ。ピーちゃんの子孫をお求めになっていらっしゃる方は、ピーちゃんのすごさをもうご存じかも知れませんよね。」
ピーちゃん2世:「照れるね・・・。それほどでも~♪」
飼い主:「ところで、今年は岡山の庭先で他の虫の鳴き声に交じって鳴いているスズムシの声を聞くことができました。聞きなれた声ではありますが、やはり、自然の中で聞く方が感動します。そこで、私といたしましては、良い声を楽しむとともに、近親交配の影響をも確認しようとしていたスズムシの飼育を今年で終了したいと思います。」
アオちゃん3世:「そうですね。10年以上にわたり新しい血を導入していませんが、現在の所、大きな変化はないようです。このスズムシ達は、もともと日本の(香川県)自然にいたスズムシですので、岡山の畑にいたスズムシの所へ放してやっても問題はないと思います。来年孵る子達は、自然の中で元気に育って、飼い主さんや私達に元気な声を聞かせてほしいものだと思います。」

2021年10月24日(日) ある日を境に急に寒くなって参りました
飼い主:「この間まで、暖かい日が続いていたのですが、ある日を境に急に寒くなって参りました。これからは、コキンチョウ達にとってはいやな季節になってくるのですが、既に幼鳥達も誕生しています。」
アオちゃん3世:「寒暖差が激しいのが一番困りますが、香川生まれの香川育ちを繰り返している私達は、今の季節ではそんなに困ることはありません。最も寒くなると保温をしていただけるので子育ても問題なく順調に進んで行きます。」
ピーちゃん2世:「寒いときはおいしい餌を食べて寝るに限るぜ。それにしても幼鳥達は元気だねぇ。まだ、おっさんに馴れていない所が特に良いなあ。馴れていない子達ばかりをペアにし育てていくのも面白いかもな?」
飼い主:「どういうこっちゃー! ・・・・ でも、確かにそれも面白そうだなあ・・・。」
2021年10月 コキンチョウの幼鳥達

2021年10月17日(日) 生き残っているスズムシはあと3匹となりました
飼い主:「今日で、生き残っているスズムシは早くも3匹となりました。この分だと去年や一昨年のように11月までは生きていられないような感じです。過去には、もっと早くみんないなくなった年もありましたので、例年より早いとは言えません。ただ、時が淡々と過ぎて行っているということに気付かされます。決して立ち止まることは許されません。」
ピーちゃん2世:「確かに! 生物たちは皆、死に向かって進行していると考えることも出来るわな。 それにしても、最近は天候もよく10月にしては暑い日が続いている。お陰で、俺たちは絶好調という所でそんなことは眼中になかったな!」
アオちゃん3世:「スズムシは初夏に生まれて秋に死ぬ。毎年同じことの繰り返しのようですが、色々なことが違っています。同じことをしていても違っている。進歩している? 私達は、絶対無二の一球ということを忘れてはならないと思います。死は先のように思えてもすぐにやって参ります。私達コキンチョウは人間より短命なのでなおさらです。皆様、どうぞ、悔いのない人生をお過ごしいただければと思います。」
飼い主:「分かりました。死ぬまで前進して行きます。」
まだ、生きているスズムシ達 2021年10月17日

2021年10月15日(金) 担当者で大きく違う! → 虎の威を借る狐の多いこと
飼い主:「現在、私が主に乗っているWRX(スバル)を乗り換えるということではないのですが、以前より検討していた別の目的で使用する車のモデルチェンジ情報が入ったということで、先日、ダイハツのディーラーの担当者より連絡がありました。」
ピーちゃん2世:「それは、良かったな。試乗した車が気に入らなかったと言っていたし、急ぎの用事で買わずに保留していたので、結果的には良かったということになりそうだな。」
飼い主:「そうなんです。でもみなさん聞いてください。とんでもない営業なんです。その方曰く、カタログ等、頂けるものはまだない ということなのですが、ディーラ迄来ていただければ説明はできる ということだったので、本日の13時過ぎということで予約を取り訪問したのです。ところが、受付の方が「Nは商談中なのでお待ちください。」 という案内で、しかもその時は13時前だったので、前の方が長引いているのかなと思い、当然、待つことにしたのです。が、待っていると担当者N氏がフロアに出て来て違う方に商談を始めているではありませんか。何の挨拶も説明もありません。待って当然という態度なのです。呆れます。今迄、車のディーラーのトヨタ、スバル、スズキではそのような経験は一度もありません。時間が無駄になるので、また来ますと言って帰った次第です。そして、本社の方へ電話をし新しくなる車のスペックを聞きました。その時のサービスや営業の方の対応は良かったので、会社自体がそのような体質ではないということが分かりほっとしました。」
アオちゃん3世:「でも、買う側がそんなことでほっとしなければならないというのも困りものだと思います。メーカーが他社にはない良い車を作れば、作るほど、売る側は怠慢になるのかもしれません。難しい問題です。でも、そんなことでは、 驕る平家は久しからず・・・ ということにいつかはなりますよね。」
飼い主:「私が車を買った時の対応の良い担当者は退社し、現在の担当者はその方の引継ぎの方なのです。何と本社のサービスの方は、その経緯を知っていたのです。私が名前を言わないのにやめた担当者の名前を知っていたのです。そのことに、私が驚いていると、種明かしをしてくれて、なぜ知っているのかを正直に話してくれたのです。まあ、信頼のおける方だと思います。何事でもそうですが、良い担当者に出会えるかどうかで、結論が大きく違ってくるように思えます。今後、私がN氏より車を買うことはないでしょう。
 最近、プロらしいプロとの出会いは、非常に少なくなって来ているように感じます。というより、むしろ、去って行かれる方の方が多いようで、残念です。  まあ、私としては、虎の威を借りる狐には決してなりたくありません。」
ピーちゃん2世:「というより、おっさんはなれんだろ・・・!アハハハ。」
飼い主:「・・・」

2021年10月6日(水) トラクターの前輪のタイヤを交換しました
飼い主:「32年前に父が購入してくれたトラクターですが、今も現役で活躍してくれて助かっています。ところが、先日、田を耕している途中で前輪の片方がパンクしていることに気付いたのです。しかし、もう1列だけと思って動かしているともう一方のタイヤのバルブの所がちぎれ穴が空いているではありませんか。とほほ。  結局、前輪の両方のタイヤともひびが入って割れているので、今回はチューブだけではなくタイヤも含めて交換することにしました。で、問題はどこで交換してもらうかです。以前、三木町にあるイセキの高松東営業所に頼んだ時に、非常に対応が悪かったので、2度と頼む気はしないので他のお店を探していましたが、自分で交換するのが一番良いのではないかという結論になった訳です。形は違っても私も元技術者ですから出来ないことはないです。いい加減な技術者には負けません!! と思います・・・。」
アオちゃん3世:「そうですよね。、それに、今やトラクターという特殊なタイヤの部品でもネットで簡単に購入できるので問題ないですよね。むしろ、飼い主さんなら、お父さんの形見のトラクターなので、丁寧に心のこもった作業が出来るのではないかと思います。それが、一番良いのではないでしょうか。」
ピーちゃん2世:「おいおい、おっさんの腕で大丈夫か! 出来なかって、いやむしろ壊したりして、ひどいことになるのではないか!」
飼い主:「そんなことはありません(怒)。やれます!プンプン!!  ということで、自分で交換したのですが、結構、力とコツが必要な作業だったので時間がかかり大変だったのですが、無事に両輪とも新しいタイヤに交換することができ、一件落着です。大変な作業でしたが、タイヤが新しくなって何か自分の心まで明るくなります。大切な機械! 人に頼んで修理するのではなく、"自分で勉強し工夫して丁寧に直し、使用する" まさに楽しさ倍増です。何事もそうだと思いますが、苦労して直し動いた時の感動は言葉にはできません。最も、深い喜びは苦労なくしては得られないような気もします。一つのことをこだわりを持って仕上げることで自信になり、次のことにも前向きに取り組んで行けるようにもなります。そういえば、コキンチョウ飼育等も例外ではないでしょう。 このトラクターは、今後も活躍してもらわなければなりません。最後までよろしくな!」
トラクターの前輪のタイヤ交換完了

2021年10月3日(日) 久々にクツワムシの声を聞きました
飼い主:「先日、岡山の畑でクツワムシの鳴き声を聞きました。何十年ぶりで聞いた声です。以前聞いた時には、近くだったせいもあり、もっと、大きな声で鳴いていたように記憶しているのですが・・・?」
ピーちゃん2世:「まあ、その時の気分や距離によっても聞こえ方が違ってくるわな。最もクツワムシでなっかったという落ちもあるかもな! それよりも写真には撮れなかったが、マムシやムカデもいたことをこっそりと付け加えさせていただきます!」
アオちゃん3世:「マムシとムカデは、今回は置いて置いて、その畑には、コオロギはもとより、スズムシも鳴いていましたし、キリギリスもいましたよね。」
飼い主:「そうなんです。感激しています。来年からはスズムシは飼わなくて良くなりそうです。 とにかく、皆様、クツワムシの声をお聞きください。」
  


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター