アルティメットバードインスティチュート ヘッダー
ご訪問ありがとうございます。 ,
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
お知らせ
●4月15日(日) コモンチョウ(小紋鳥)の若鳥販売 予約受付終了
 コモンチョウの予約受付も本日にて終了させていただきました。ありがとうございます。なお、今後の販売は、特別価格ではございませんので、何卒ご了承ください。でも少しくらいは・・・?(*^-^*)
●4月13日(金) コキンチョウ(胡錦鳥)の若鳥販売 予約受付終了
 コキンチョウの予約受付は終了させていただきました。ありがとうございます。なお、次回は6月頃に、自由に品種を指定することは予約と違ってできませんが、こちらで決めたペアを若干販売する予定です。

●初めてご訪問いただいた方へ
 こちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。

一言

2018年4月19日(木) ピーちゃん2世決定
飼い主:「ということで、アオちゃんの薦めるピーちゃん候補を見てみました。なるほど性格がピーちゃんそっくりで良いですね。ただ、新系統の血も入っているので、今まで以上に怖くなりそうな感じがします。」
アオちゃん2世:「2018年1月26日巣立ちの若者で、オス親は赤頭ノーマル/ブルー、メス親は赤頭ブルーです。親の繁殖力は普通位でしょう。」
飼い主:「では、2代目ピーちゃんはLG1853番(前回の写真の中央の子)にお願いしようと思います。LG1853番どうですか。ホームページの補佐役をやっていただけますか?」
LG1853:「なんで? おっさんの相手をするのは疲れるので、やめとくわ!」
飼い主:「えーと、いい場所で綺麗な住まいをあげますし、餌もおいしいものをあげますし、それから・・・。」
LG1853「それがどうした。どうでもいいわ。餌なんかみんな同じだろ!知ってるぜ!」
飼い主:「うーん、では、美人の奥様を選びますから 」
ピーちゃん2世:「OK! わかった。 やります。今の一言忘れずに実行してくださいよ。あ、私が選ぶわな! ラッキー!!」
飼い主:「かあぁ、先が思いやられますが、一応、本人の了解を得ましたので、これにて、ピーちゃん2世決定ということになりました。
 ピーちゃん(奥)、ピーちゃんから引き継いで長い間ホームページの補佐役を勤めていただき、誠にありがとうございました。今後は、老人ホームにて楽しくお過ごしください。必ず、最後まで世話をさせていただきますので
<(_ _)>。」
ピーちゃん(奥):「故主人、私、共に大切にしていただき誠にありがとうございました。今回、体力の限界によりホームページの補佐役を辞職させて頂きます。今まで応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。今後は、ピーちゃん2世が補佐役を務めさせていただきますので、今後共ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。では、ピーちゃん2世、皆様に挨拶してください。」
ピーちゃん2世:「よろしくな。」
飼い主:「それだけかい!もっと、言うことないのかなあ、今後の抱負とか・・・。」
アオちゃん2世:「何はともあれ、ピーちゃん2世決定です。故ピーちゃん以上の活躍を期待していますからね。今度は、私の方が先輩となるわけですね。私も頑張りまーす。(*^-^*)」

2018年4月18日(水) ピーちゃん2世登場なるか?
ピーちゃん(奥):「おっさん、まじめに考えているのかね。わたしゃもう知らんぜよ!」
飼い主:「え、なんじゃ? 何のこと? しかもどこの方言かいなあ?」
ピーちゃん(奥):「私は、故ピーちゃん(主人)の代わりに補佐役を務めてまいりましたが、そろそろ、休ませていただきたいのです。以前、少し、話したことがありましたよね。」
飼い主:「あー、そのことですか。確かに、もうお歳ですからピーちゃん2世を正式に探さないといけませんね。そうしないと、ピーちゃん(奥)が老後を静かに暮らすことができませんよね。分かりました。探してみます。 アオちゃーん! 聞いてる? いい子いないかな?」
ピーちゃん(奥):「おいおい、アオちゃん頼みかい!」
アオちゃん2世:「はいはい、いますよ。ピーちゃん系列というだけではなく、新しい系統の血も少し入っている子がいます。下の写真の子です。現在、換羽中で姿はまだはっきりしていませんが、性格や雰囲気は分かりますので、飼い主さん、是非、検討してみてください。」
UBI補佐役の系列、ピーちゃん2世候補です
次回に続きます。
※余談ですが、コキンチョウの若鳥の予約を下さっている皆様方、現在の換羽状況はだいたい上記の写真の通りです。恐れ入りますが、もうしばらくお待ち頂ければと思います。

2018年4月16日(月) 今年も植えますか
飼い主:「今年も苗を植えようと昨日買ってまいりました。いつも購入するところでないところから買ってみたのですが・・・。」
アオちゃん2世:「価格はそんなに安くないようです。が、しっかりとしている苗が多かったように思います。でも、価格が高いのか安いのかは、単純に比較できないので家庭菜園の初心者の飼い主さんにはわからないようです。ただ、言えることは、定番のキュウリ、ナス、トマト、オクラ、カボチャ、ゴーヤ、ピーマンと今回は小玉スイカの苗を購入したということのようです。」
飼い主:「去年は、台風が来る前までは順調でしたが、台風後にOUTになってしまいました。今年は、大雨でも水浸しにならないようにしたいと思っています。それと、今年もトウモロコシを植えようかと思っていますので、鳥獣の対策も考えていかなければ、と思っています。」
ピーちゃん(奥):「今回は、苗を購入したというどうでもいいお話でした。」
飼い主:「・・・」

2018年4月5日(木) コモンチョウの新夫婦 ・・・ 綺麗になるにはもう少し時間が
飼い主:「コモンチョウの幼鳥の方も、換羽でまあまあ綺麗になった子は全体の20%位といったところでしょうか。まだまだ、下記の写真のような子が多いのですが、待ちきれずにペアを組んでみましたよ。(*^-^*)」
ピーちゃん(奥):「どっちがオスでどっちがメスなのか わかっているのかい!」
飼い主:「生まれた日が違うので、逆のように感じるかもしれませんが、向かって左側がメス、右側がオスとなります。オスが、本来の綺麗さになるにはもう少し時間が必要です。」
ピーちゃん(奥):「え、ほんと? 本当にペアなの?」
飼い主:「・・・多分、そうだと思うのですが。」
アオちゃん2世:「大丈夫。あってますよ。」
飼い主:「意地悪ピーちゃん♪♪」
ピーちゃん(奥):「言い切れない方が、変ですよね。皆様! 私達コキンチョウの方が綺麗だね とよく言われるのですが、コモンチョウさん達も綺麗でかわいいですよ。」
アオちゃん2世:「そうですね。面白い現象としては、私達コキンチョウを飼っていらっしゃる方の多くは、不思議とコモンチョウも飼われているようなんです。同じような飼い方で、味が違うのでおもしろい といったところでしょうか。」
飼い主:「まだ、コモンチョウを飼っていないとおっしゃる方は、是非、声をかけて下さいね <(_ _)> 。高級フィンチの飼育は、初めてという方にもお勧めですよ!」

2018年3月29日(木) 惜しーい!! でもまだ余韻を感じます
飼い主:「オス1羽で孤軍奮闘し、小さな時から子供を立派に育てあげたGFP1604の気合が伝わったのかと思われた、隣のケージのGFP1721ペアなんですが、今回も6羽育てているのかと期待していたのですが・・・。」
ピーちゃん(奥):「残念ですね。今回は5羽でした。でも余韻はまだまだ残っているような感じですね。」
アオちゃん2世:「まあ、5羽孵して育てれば立派なもんでしょう。文句なしです。まあ、ここらで少し休んでください!」
今回のコキンチョウの幼鳥は5羽です

2018年3月27日(火) 気付けば
飼い主:「この間、正月を迎えたと思っていたら、 早くも春が来たようです。」
ピーちゃん(奥):「ぼけとんかい!!」
飼い主:「いえいえ、まだぼけてません!(*^-^*)。 実は、ここのところ私用で非常に忙しくホームページを更新する気力がありませんでした。」
ピーちゃん(奥):「というか、更新する気がないのと違いますぅぅ!」
飼い主:「気持ちはあるのですが、体力が追いつきません。そうこうしている間に、あっという間に月日が過ぎて、土筆が顔をだし、桜が咲く季節になりました。今日は、春本番という気候で、久々に土筆を採ろうかという気分になり、しばしの間、土筆を採って春を楽しみました。と言ってもたくさん生えているので、時間をかけずに簡単にとることができます。毎年、このような繰り返しになっているのですが、今年の春は1回しかありません。大切に・・・!!」
アオちゃん2世:「絶対無二の一球というわけですね。ところで、そろそろコキンチョウの若鳥たちの予約受付もしなければならないのではないですか。」
飼い主:「そうでした。近々、ホームページに詳細を載せようと思っていますので、もうしばらくお待ちいただければと思います。<(_ _)>」
土筆 スイセン

2018年3月14日(水) 違いが徐々に見えてきます
飼い主:「コキンチョウとコモンチョウ、同じような飼育方法で飼育できるのですが、やはり、違いがあります。」
ピーちゃん(奥):「まあ、見た目の色が違います! それと、大きさも違うし・・・。」
飼い主:「ピーちゃん!大丈夫かい。そういう誰が見ても直ぐにわかることを言っているのではなくてぇー
 <(`^´)>。」
ピーちゃん(奥):「私がくだらないことを言ったと思って、ここぞ とばかり喜んでいるようですね。流石、飼い主さん、非常に単純だねー。そんなわけないじゃないの!! 言いたいことは分かっていますよ。幼鳥時において私たちと異なっていることが見えてきたのですね。」
飼い主:「・・・。そ、そうなんです。コモンチョウの幼鳥は水入れで溺れやすいようなので注意が必要ということなのです。巣から出てきたコキンチョウの幼鳥が、水入れで溺れ死んでいたということは、よっぽどのことがない限りほとんどありません。ところが、コモンチョウに至っては、今期だけで2羽の幼鳥が水入れで溺れて死んでいるのです。」
アオちゃん2世:「つまり、コモンチョウの幼鳥達は、私たちと違って水入れで溺れることがよくあるようですから、注意してやらなければならないということですね。だから、水入れで溺れないような工夫も必要かと思います。ただ、自育の場合と仮母で育った場合での差があるのかどうかに付いては、今のところデーター不足で何とも言えません。」
飼い主:「それと、もう一つ気付いたことがあります。それは、」
ピーちゃん(奥):「狭いケージだと普通に飛んでいる様に見えますが、広いケージに移すと変わった飛び方をします。」
飼い主:「これは、説明しにくいのですが、軽やかといいますか、なんといいますか・・。」
アオちゃん2世:「言葉では説明しにくい独特な飛び方で、実際に見ないと理解してもらえないかもしれません。蝶のような飛び方と書いている本もあります。」

2018年3月5日(月) 自分ですると愛着がわきます
飼い主:「ここの所、暖かい日が多く動きやすい毎日です。昨日は、私の車のエアコンのフィルターと娘の車のエアコンのフィルターとワイパーを交換いたしました。」
アオちゃん2世:「飼い主さんは機械が好きですから、自分でできることは自分でしますよね。」
飼い主:「基本的にはそうなんですが、勤めているときは小鳥の世話がありますので、車にかける時間が取れず、整備はディーラーにお願いしていました。しかし、現在は少々余裕ができましたので、初めてエアコンのフィルター交換に挑戦したというわけです。」
ピーちゃん(奥):「大丈夫なのかい?壊したらダメですよ!」
飼い主:「大丈夫です。ちゃんとできましたよ!! ただ、車の場合はパソコン等の組み立てと違って、適切な力が必要な部分があると感じます。例えば、エアコンのフィルターの前にあるグローブボックスを外すのは、少々力がいるのですが、コツをつかめば簡単に外れます。このボックスが外れれば、フィルター交換は簡単ですぐにできます。むしろ、どのメーカーのフィルターがいいのか、選ぶ方が時間がかかってしまうほどです。」
アオちゃん2世:「自分で整備すれば、ますます愛着がわきますね。」
飼い主:「そういえば、コキンチョウの庭箱も昔はすべて手作りしていましたが、家はケージの方が良い部分が多いという結論になったので、現在は、ほとんどが市販のケージに変わっています。」
アオちゃん2世:「この車の整備の場合も、自分でするのが良い場合とディーラーにお願いする方が良い場合があります。これも、状況に応じてうまく使い分けましょう。」
ピーちゃん(奥):「できるところだけでも自分で対応すれば、より愛着がわいてきます。皆様も挑戦されたらいかがでしょうか・・・? でも、壊れても私は責任は持ちませんからね (*^-^*)。」

2018年2月28日(水) 壊れることはわかっていても・・・
飼い主:「いきなり、プリンターが壊れてしまいました。コキンチョウの幼鳥達の整理をしなければならないので、困ってしまいます。そういえば、最近調子が良くなかったような・・・。」
アオちゃん2世:「まあ、道具はいつかは壊れますから。でも、そうわかっていても、今壊れるとは思いませんよね。」
ピーちゃん(奥):「2週間以上も何も書かないで、いきなりそんな話かい! まだ、オリンピックボケなんですかねぇ? しっかりしてください! それにしても、パソコンが壊れたのではないので、そんなにダメージはないのではありませんか?」
飼い主:「いえ、まあ、パソコンでなかったので良かったと言えば、良かったのですが・・・。
 私の本職はシステムエンジニアだったこともあり、コンピューターを前にして画面を見ながらでないと考えられないという所があります。この点では、パソコンが壊れていないという今回のような状況は助かります。ただ、やはり、最終的な確認は、私にとっては、印刷物の方が確認しやすいです。その上、今回は幼鳥の整理をするために、実際に幼鳥達を見ながら記録確認をしていかなければなりませんので、印刷物がないとちょっと困ります。」
ピーちゃん(奥):「それなら、今使用しているプリンタは古いので、直すよりも新しいプリンタを買えばいいんじゃない!それで、一件落着じゃない!!」
飼い主:「仕方ないのでそうしますが、その影響で、やや幼鳥販売が遅れますことをご了承ください。」
アオちゃん2世:「今回は、パソコンでなくて良かったと思いますが、パソコンもいつ壊れるかわかりません。皆様、特にバックアップシステムのない個人の方は、パソコンのデーターの3世代バックアップを取っておきましょう。” 備えあれば憂いなし” です。」
飼い主:「分かってはいるのですが、なかなか実行できません。早速、今日、バックアップを取っておきます。」
アオちゃん2世:「もはや、現代はペーパーレス時代ではありますが、紙の記録も重要な場合があります。うまく、使い分けましょう!!」

2018年2月11日(日) コモンチョウ まだ、わかりません
飼い主:「今年は、コモンチョウの若鳥もお分けできると思います。よぉ!(*^-^*)」
アオちゃん2世:「どのくらいの子達をお分けする予定なのでしょうか?」
飼い主:「数ペアはUBI用となりますが、それ以外は販売しようと思っています。ただ、まだ完全に色が出ていない子の方が多いので、現在、どのくらいのペアが取れるのかわかりません。」
ピーちゃん(奥):「それはなぜなの?(少しぶりっ子口調)」
飼い主:「正直、あなたたちの場合は付き合いも大変長いので、例え、幼鳥であっても多分これはメスかな等と予想できたりする子もいます。なので、全体的には、オスが多いのかメスが多いのか 位の判断はできる場合が多いです。しかし、コモンチョウの幼鳥達の判別は今のところ色が変わるまでわかりそうにありません。」
アオちゃん2世:「僕達コキンチョウの場合、遺伝の法則を理解した上で実際に体験しマスターしている飼い主さんにとっては、確実に子供の雌雄がわかるペアの組み合わせもありますし、幼鳥の色が違うこと等でわかる場合もあります。従って、幼鳥の時から、この子はオス、この子はメスとはっきりした性別が分かった上で、幼鳥の姿や、顔、性格や動作などを観察することができます。このことにより、遺伝の法則では雌雄の判別がつかない場合の子供達でも、個体によっては何となくわかることがあるようです。」
飼い主:「でも、私は幼鳥の時期の雌雄の判別は得意ではありませんので、遺伝では判断できない場合は、確実ではありませんしよく外れることもあります (*^-^*)。」
アオちゃん2世:「まあ、コモンチョウの場合も少しずつ観察し理解していきましょう。」
ピーちゃん(奥):「ところで、雉のことを話さなくていいのですか?」
飼い主:「そうだ!皆様、聞いてください! 去年の年末に銃で撃たれたと思っていました雉ですが、どっこい生きていました。」
ピーちゃん(奥):「考えたら当たり前じゃないですか?銃声は1回のみ聞こえましたよね。雉たちは少なくとも5羽確認していましたよね。そのうちの1羽が銃で、そして、メスの1羽は田で何かにやられていたということは、あと3羽は残っているということになりませんか。」
アオちゃん2世:「その通りです。実際、生きている雉を確認いたしましたが、今回は場所も写真も内緒ということにいたします。まあ、自然で力強く生き抜いている雉たちの無事を祈りましょう。」
飼い主:「でも、田んぼで悪さをしないでね。そうしないと嫌われるぞ!!」

2018年2月1日(木) 外は雪 ・・・ こんな日でも水浴びかい!!
ピーちゃん(奥):「今日は、朝から雪が降っています。積もったというほどではないですが、久々に薄化粧でしょうか。さむーいわー。」
飼い主:「でも、外の水道は凍っていなかったです。雪は明け方から降り始めたようです。暗い中、餌を用意していて、周りが少し明るくなったところで雪に気付きました。日中は雨になり、結局、雪は溶けてしまいましたが、気温は上がらず寒いです。」
アオちゃん2世:「ここの所、毎日寒いので元気が出ません。でも、なんとコモンチョウさん達は元気に水浴びをしているではないですか!」
飼い主:「ほんと、よくやるわ! 元気なのはいいのですが、水滴をこっちに飛ばさないでくださいよぉ!」
水浴びをしているコモンチョウの幼鳥達

飼い主:「え、わからないって! では、拡大した下記の写真をご覧ください。<(_ _)>」
水浴びをしているコモンチョウの幼鳥達

2018年1月24日(水) 不思議!気合は伝わるのか?
ピーちゃん(奥):「わけわからん題ですね。もう少しまともな題をかけないのですか!」
飼い主:「いや、とにかく不思議なんです。偶然といえば偶然なのかもしれませんが・・・?」
アオちゃん2世:「ああ、それは、オス1羽で孤軍奮闘し子供を立派に育てあげたGFP1604の隣のケージのペア、GFP1721のことですね。」
飼い主:「そうなんです。そのペアは今期が初めての繁殖期であり、1回目は子供を3羽育てただけだったのですが、なんと今回は6羽育てたようです。隣の影響を受けたのでしょうか?不思議です。」
ピーちゃん(奥):「どちらかというと悪いことの方が伝わりやすいように思うのですが、良いことが伝わっていくというのはうれしいことです。」
アオちゃん2世:「最初は5羽だなと思っていたのですが、最後の1羽が少し遅れて巣から出てきたようです。子供が6羽になると元気な子供達は、小さなケージでは非常に動きにくそうです。巣の上に3羽、巣の中に1羽、止まり木に1羽、そして、床にいる子が最後に出てきた子になります。」
6羽のコキンチョウの子が巣立ちました。

※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター