アルティメットバードインスティチュート ヘッダー
ご訪問ありがとうございます。 ,
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
(初めてご訪問いただいた方はこちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。)
一言 or お知らせ                 

2019年9月16日(月) 2019年4月~6月に巣立ったコモンチョウ達 ・・・ お分けします
飼い主:「今年の4月から6月迄に巣立ったコモンチョウ達もみんな綺麗になりました。」
ピーちゃん2世:「そこで、ご希望の方に有償にてお分けいたしますので、是非、ご検討ください。詳細は 小鳥等の販売のページ に記載させていただきます。」
アオちゃん2世:「この子達は私達のように自育ではありませんが、丈夫で飼いやすいと思います。」
コモンチョウの若鳥

2019年9月10日(火) 光陰矢の如し
飼い主:「現在、私が乗っている車は、私が死ぬのが早いのか、それとも、車が廃車になるのが早いかという思いで、ついこの間、新しい車に乗り換えたという思いがあります。ところが、昨日、ディーラの担当者から4.5年目の定期点検の案内がありました。早いものです。」
ピーちゃん2世:「今の所は、おっさんも車も順調に推移しているようだな。最終的にはどちらが勝つのか楽しみだ。」
飼い主:「気付けば無事にここまで来ることができました。ありがたいことです。来年は5年目の車検になります。」
アオちゃん2世:「そういう意味では、飼い主さんが見事勝利することを祈っていますが、飼い主さんと車ということであれば、車は次の新車も含めて競争するべきではないかと思います。目標はもっと大きく持つべきです。」
飼い主:「そういえば、話は変わりますが、スバルのディーラーの担当者は、よく考えているなと思うことがよくあります。問題点を指摘すると次の機会には何かしらの工夫をしてきます。前回の定期点検の時もそうで、感心した次第です。」

2019年9月2日(月)  片目君、綺麗になっています
飼い主:「以前紹介させていただいていた片目の子ですが、どうなるか心配していましたが、どうやら換羽も無事終了したようで良かったです。」
ピーちゃん2世:「元気なので問題無だな。まあ、のんびり鳥生を楽しもうじゃないか!アハハハ。」
アオちゃん2世:「少し換羽に時間がかかりどうなるかと心配していましたが、どうやら無事に換羽も終了し、毎日、元気に過ごしているようで何よりです。どうぞ、元気な片目君を見てやってください。」
右目だけのコキンチョウ
体の左側です

2019年8月27日(火) コキンチョウの1年生も遅ればせながら繁殖スタートです
飼い主:「気候のせいもあり、小鳥達が活気付いていますが、今年が始めての繁殖期を迎えるコキンチョウの1年生のペアにも雛が産まれ始めています。GFP1923のペア(赤頭白胸ブルー×黄頭ノーマル/ブルー)の雛は本日孵りました。2年生、3年生、そして1年生も繁殖のスタートとなりました。」
ピーちゃん2世:「おっさん、その雛は今日孵ったのではなく昨日孵ったんだぞ!」
飼い主:「そうなの? でも1日くらい、違ってもいいんじゃないでしょうかねぇ。」
ピーちゃん2世:「じゃ、あんたは誕生日が1日違っても良いというのか?」
飼い主:「え、そういわれると、いいような、悪いような・・・。」
アオちゃん2世:「まあまあ、通常、私達の雛は1羽でありませんし、全員が同じ日に孵ったいう現象は少ないと思います。だから、少々の違いは勘弁してあげましょう。」
ということで、今年は気候が良いので早くも1年生達の繁殖がスタートした模様です。
飼い主:「この分だと、また、追い込みケージが足らなくなり、困りそうな予感が・・・。」
ピーちゃん2世:「<(`^´)>」
飼い主:「何で威張ってる!わけわからんわ。」

2019年8月26日(月) スズムシはオス3:メス2です
飼い主:「台風が去って以来、朝晩がめっきり涼しくなって参りました。そのせいでコキンチョウ達が盛んに囀っているようで、小鳥小屋が活気付いて来ています。
 ところで、コキンチョウと共に当方よりスズムシをお持ち帰りになられた方、既にスズムシが成虫になり、リーン、リーンと良い声で鳴いていることと推測いたします。」
ピーちゃん2世:「夜はスズムシの声で秋を堪能する。風流だな・・・。」
アオちゃん2世:「そのスズムシのことについて、お知らせしたいことがあります。来年もスズムシを育てたいと思っていらっしゃる皆様は、お渡しした容器の大きさの場合、オスを3匹、メスを2匹、合計5匹で飼育しましょう。そして、成虫の死後も適切に湿り気を与えてやっていれば、来年の6月頃に沢山の幼虫達が孵ってきます。飼育は簡単ですので、よろしければ、是非、続けて飼ってみて下さい。」

2019年8月24日(土) 今期最初の幼鳥達の巣立ちです
飼い主:「今期になり最初に産まれたGFP1827の雛5羽全員が順調に育ち、今日、親元から離れ追い込みのケージに移りました。いよいよ、鳥生の始まりです。希望をもって進んで行きましょう。」
アオちゃん2世:「本日は、誠におめでとうございます。これからは、自分の力で道を切り開いて進んで行ってください。鳥生楽しいことばかりではありません。苦しことや悲しいこともたくさんあります。でも、負けずに最後まで生き抜きましょう。そのためにも、1日1日を大切にしましょう。」
ピーちゃん2世:「自分の力では、どうしようもないこともある。しかし、信念を持って行動すれば、例え、崩れの中にあったとしても、必ず道は開けてくる。頑張れ。」
飼い主:「えぇー、どうしたの?・・・。ピーちゃんの言葉とは思えないんですが。しかも、頑張ってという言葉は私がいつも言っているんですが・・・。 これじゃ、私の言葉がかすんじゃうなあー。  ・・・  ああ、、それが狙いか!」
ピーちゃん2世:「やっとわかったか。まあ、こういう場ではおっさんの挨拶は不要ということだ。」
飼い主:「そこまで言うか・・・」
2019年8月24日 巣だったコキンチョウの幼鳥達

2019年8月22日(木) 真っ赤な顔も非常に目立ちます
飼い主:「私共の飼育室は殆どがコキンチョウ達で埋め尽くされていますので、少々の綺麗さでは目立つことはありません。でも、コモンチョウ達の赤い顔は時々 ハッ とさせられることがあります。」
ピーちゃん2世:「確かに秋が近付いてきて、見事な赤になってるわな。綺麗さは俺達ほどではないと思うが、まあ、綺麗だ。」
アオちゃん2世:「下記の写真で向かって左側がメス、右側がオスとなります。ちなみに、メスの部分にケージの線が写りこみ、その部分がややくすんだ色となっていて見にくくなっていますが、お許しください <(_ _)>。 私はコモンチョウさん達の赤い顔も素敵だと思いますが、落ち着いた黄色い顔も好きです。」
ピーちゃん2世:「カメラを代えても腕は変わらないので、写し方は以前通りで、上手ではない! しかし、画質は間違いなく良くなっているようだな。」
飼い主:「・・・ そうなんです。新しいカメラにしたため、画素数も増え、その上、撮像素子やレンズも大きくなりましたので、画質は良いのですが、以前のデジカメと違ってケージの線が邪魔になる場合が多いので困ります。ただ、ピント合わせが各段に早くなっていますし、使い方も便利になっていますので気に入っています。一言で言うことは難しいのですが、特にモードにおけるストロボ使用時の考え方が、すばらしく、私にとって合ってます。」
コモンチョウのペア 2019年8月

2019年8月19日(月) コキンチョウの3年生も繁殖スタートとなりました
飼い主:「今期で3回目の繁殖期を迎える3年生の中に、雛を孵したペア達が出始めています。そうです。あちこちでコキンチョウ達の雛の鳴き声が聞こえる季節になって参りました。」
ピーちゃん2世:「台風の後、朝晩が少し涼しくなったようですので、みんなも本番に向かってそろそろ準備を始めたようですなあぁ。 といっても、まだまだ、日中は暑いので  あわてない あわてない  一休み 一休み。」
飼い主:「・・・」
アオちゃん2世:「3年生も2年生に続き頑張ってくれているようです。そして、最後になりましたが、今期初めての繁殖期を迎える、まだあどけなさも残る1年生達も、そろそろ繁殖の準備をし始めても良いでしょう。但し、誕生日によって状況は異なってきますので、遅生まれの子達は、まだまだ、繁殖は先にしてあげましょう。」
ピーちゃん夫婦
※向かって右側の子が2年生のピーちゃん2世です。そうなんです。ピーちゃん夫妻をご覧いただいた方は、あれっ?と思われたに違いないと思いますが、奥さんの頭の毛は現在は綺麗に治っています。

2019年8月13日(火) スズムシが鳴き始めています
飼い主:「いつの間にかスズムシが成虫になり、鳴き始めています。そういえば、お盆が過ぎたころには、日中は相変わらず暑いのですが、朝晩が若干涼しくなって参ります。ただ、最近は数十年前よりも暑くなってきている気はしますが、それでも、スズムシの声で秋が近付いていることが感じられます。」
アオちゃん2世:「ということで、今年もスズムシの声を楽しみましょう。」
ピーちゃん2世:「でも、沢山のオスが家の中でなくと結構うるさいんだな。これが。」
2019年8月12日鳴き始めるスズムシ

2019年8月12日(月) 次に姿を見せた雛は
飼い主:「今期、2番目に巣に姿を見せた雛はGFP1846Aのペアの雛です。ということは、雛が孵ったペアの順番で順調に姿を見せているという状況です。まあ、普通であれば当然そうなります。このペアの雛は前期は平均5羽程育てていましたので、今回は少し少なかったようです。」
アオちゃん2世:「前期は、メスが若かったのでスロースタートとなり、繁殖回数も少なかったようです。ところが、今回は、非常に早いスタートとなり、いろんな面でベストコンディションではなかったように思われます。」
ピーちゃん2世:「まあ、暑いのに、そんなに無理してあわてる必要はない。ゆっくり行けばいいんだよ。」
飼い主:「まさしくその通りです! ピーちゃんとは思えない、優しいお言葉、ありがとうございます。」
ピーちゃん2世:「<(`^´)> ピーちゃんとは思えない というのは余計だな。」
今期(2019年度)2番目に巣から顔を出したコキンチョウの雛達

2019年8月11日(日) 全員巣から出てきたと思ったのですが・・・
飼い主:「今期、最初のGFP1827ペアの雛が顔を出し、そして、みんなそろって巣から出てきたようなので写真を写したのですが、雛が4羽というのは何かしっくりこないような・・・」
ピーちゃん2世:「バカ!全部で5羽生まれたと私は聞いてるぜ。まだ巣の中にいるのと違うか?もう、巣の中を覗いても大丈夫だから見てみろよ。」
ということで、巣の中を覗いてみると
飼い主:「いました。いました。あと1羽います。ということは、全部で5羽ということになります。ピーちゃんに叱られながら、最初見た時は、2羽孵っていてそのほかに3個ぐらい有精卵と思われる卵がありましたので、少し気にはなっていたのです。最後の1羽が、こんなに成長が遅れるとは思わなかったです。」
アオちゃん2世:「このペアが雛を5羽育てたのは今回が初めてです。何時もは、3羽前後といったところでしょうか。2年目でようやく色々なことに慣れてきたようです。暑い中、ご苦労様です。」
2019年8月 コキンチョウの雛達

2019年8月8日(木) 今期最初の雛が姿を見せました
飼い主:「今期(7月~)に入り、最初の雛が巣から出てきました。」
ピーちゃん2世:「おっさん!そのペアの雛が出てきた話も良いけど
飼い主:「はいはい、GFP1839のペアの子が本日孵っているということですよね。知ってまーす。もう既に対応済みです。」
ピーちゃん2世: ・・・そうなんだ。残念、ハハハ。」
飼い主:「はあ、何でそうなるの。しっかり対応しているのだから、ハハハじゃなくて今回は褒めてくれてもいいんじゃないか。」
ピーちゃん2世:「でも、癖になると困るからな。」
アオちゃん2世:「では、皆様、今日は巣から今季一番に出てきた雛の写真をご覧ください。」
今期一番に姿を現したコキンチョウの雛
ピーちゃん2世:「うん?今回の写真は大きいぞ! 何か意味があるのか?」
飼い主:「いいえ、特に深い意味はないのですが、あなた達を主に写していたカメラを替えたので、大きくして見ました。」
アオちゃん2世:「カメラにつきましては、また、後日お話させていただきます。」

2019年8月6日(火) コキンチョウの子育て → 只今フライングラッシュ
飼い主:「現在、コキンチョウの9ペアが雛を育てています。例年よりも随分早いスタートとなりました。」
アオちゃん2世:「でも、皆様、今年、私共から若鳥を持って帰られた方は、焦らずにもう少し待ちましょう。暑い時期に無理をしても良いことはありません。今、雛を孵しているのは、すべて、2年目の繁殖期にあたるペア達です。という現象になっているのは、飼い主さんが、若鳥だけは毎年調整してくれているからです。なので、若鳥で現在雛を孵して育てているペアはいません。」
飼い主:「その通りです。西日本の方は、今の時期は良くありません。1年以上経過し環境に慣れていたとしても、ちょっとしたことで雛を頬りだしたりすることもありますし、・・・」
ピーちゃん2世:「良く言うわ!どの口がそんなことを言うのかな。まるで、僕達が悪いように言ってる。雛が生まれているのに、おっさんが気付かないので、放り出すんだろ。そんなペアが、今回も2ペアいたよな。全部おっさんが、生まれていることに気付かなかったせいだ! それが証拠に放り出した雛を慌てて巣の中に入れた後は、順調だろうが。何時ものことだけどしっかりしろよな!」
飼い主:「すいません。ごもっとも<(_ _)>です。でも、そのうちの1ペアは今迄、自育に成功していなかったものですから・・・。」
ピーちゃん2世:「言い訳無用!!  まあ、2年生のことは置いといて、皆様、今年初めての繁殖期を迎える若鳥達の繁殖は、アオちゃん先輩の言う通り、もう少し待ってやってください。」
お知らせ
※8月13日~15日はお盆休みとさせていただきます。なお、コキンチョウの若鳥が2ペアほど現時点でまだ余っておりますが、お盆明けからは飼育室でのお渡しは出来なくなりますので、何卒、ご了承ください。


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター