アルティメットバードインスティチュート ヘッダー
ご訪問ありがとうございます。 ,
人間も自然の一員です。小鳥を飼って自然の感覚や力を取り戻しましょう! 同時に心も癒されること請け合いです。
(初めてご訪問いただいた方はこちらの「飼育鳥の紹介とホームページの案内役について」他をご覧ください。)
一言 or お知らせ                 

2019年10月12日(土) 広島市にお住まいの O様 コキンチョウの自育大成功!!
飼い主:「広島市にお住いのO様よりコキンチョウの自育に成功したとのうれしいお便りをいただきました。O様と言えば、最初、家に来所いただいた時、パソコンで私共のホームページを見せながら、ここでよろしいのでしょうか? とおっしゃったユニークな来所を思い出します。」
アオちゃん3世:「一言でいえば自育の成功ということにはなりますが、単なる自育の成功ということではないのです。」
飼い主:「そうなんです。実は、私共から購入していただいた自育系の子をうまく活用した上での、自育成功であったという訳なんです。誠にすごいです。確かに飼育年数や羽数(多くのコキンチョウ飼育の経験)も必要ですが、どれだけ注意して観察や飼育をしているかということが、大変重要であるかと言うことがよく分かる事例だと思います。」
アオちゃん3世:「O様は私共の記録によるとペアとオスのみを購入していただいたのですが、ブルーのペアの方は相性が悪いということにいち早く気付き、自育系統ではない子とペアにして現在自育を成功させつつあるようです。また、オスの方は、この方法で新しい血を取り入れ既に自育を成功させています。」
飼い主:「そして、現在、次々と自育に結びつけ自育系統を作出しつつあるという、すばらしい内容です。コキンチョウがだんだんと増えてきて、収容スペースを考えなければならないほどになっているようで、喜ばしい限りです。」
ピーちゃん2世:「おっさんは、自育系統の子を作り出すまでに悪戦苦闘したよな。」
飼い主:「まあ、色々とわかるまでに時間がかかったのは確かだと思います。私自身、生物は得意という分野ではありませんので、なおさらです。O様は、的確にコキンチョウの性格や行動等を把握し、見事に成功したという訳です。
O様曰く
” わたしはただただ愛好家の末席で我が家の血が受け継がれながら、別の血を適宜導入し毎年産まれてくる子達を楽しみたいな と思っております。”
ということで非常に謙遜されている部分もありますが、コキンチョウ飼育の考え方は、なるほどなあ と頷けるところであります。毎年産まれてくるO様が手掛けたコキンチョウの子供達の姿が、楽しい風景が、私の脳裏に浮かんで来ます。」
ピーちゃん2世:「おっさんとは違って、すでに悟りの境地にあるんじゃないか。」
飼い主:「O様、今後とも、お互いにコキンチョウの飼育を楽しんで参りましょう。今回はうれしいお便り誠にありがとうございました。」
アオちゃん3世:「それでは、最後にO様のコキンチョウの雛達をご覧ください。パチパチパチ(拍手)。」
コキンチョウの自育成功 広島市O様コキンチョウの自育成功 その2 広島市O様

2019年10月9日(水) アオちゃんが負傷
飼い主:「アオちゃんの子供たちが巣から出てきて飛び回っています。アオちゃん系統の子供達にしては、少し落ち着きがないようでアオちゃんが焦っています。」
ピーちゃん2世:「おっさん、呑気なことを言ってないでアオちゃんの手当てをしてあげたらどうだ!」
飼い主:「手当って、あ、足に怪我をしているのか。分からなかった。大丈夫かな?」
ということで早速手当をしてあげました。
アオちゃん3世:「飼い主さんありがとうございます。お手数をおかけいたしました。子供達が元気に飛び回るので、つい、巣に足を引っかけてしまいました。<(_ _)>」
飼い主:「4羽を育てているので大変なことは分かりますが、アオちゃんらしくないなあ・・・。それにしても、アオちゃん系統の血を引いていても、こんなに飛び回る子達もいるんだな。まあ、逆の場合もあるから、そんなに不思議ということではないのでありますが・・・。この子達が、これからどうなっていくのかが楽しみです。あ、そういえば、子供を育てていない子がいますよね。誰 でしょう!」
ピーちゃん2世:「急げばいいという問題ではないなあー。」
足を怪我したアオちゃん

2019年10月7日(月) ネットの世界は移り変わりが激しい?
飼い主:「このホームページは、NTTコミュニケーションズ(株)が運営しているBizメール&ウェブ エコノミーというサービスを利用させてもらって、作成しているのですが、今回、サービスが終了するという案内をいただきました。」
アオちゃん3世:「ネットの業界は移り変わりが激しいようで、あっという間に成長したかと思うと、あっという間になくなってしまうという現象も多いようです。それだけ運営が大変なのかもしれません。そういう状況を見ていると、最後まで同じプロバイダで運営できる可能性は低いのかもしれません・・・。」
ピーちゃん2世:「まあ、何にしても継続するということは、非常に大変なことなんだな。」
飼い主:「これを機に、ホームページの作成をやめようかとも思いましたが、結局、私共といたしましては別のプロバイダーへ移行することにしましたので、引き続き独自ドメインの gouldian.jp のホームページは継続していく予定です。」
アオちゃん3世:「移行は11月中旬頃の予定となっており、移行時は多少不安定になる可能性がありますので、詳細はまたご案内させていただきたいと思います。」

2019年10月3日(木) 早くもスズムシのオスが姿を消す季節になりました
飼い主:「今年は、まだまだ暑いのですが早くも10月に入っています。スズムシのオスが、徐々に姿を消し始めました。」
ピーちゃん2世:「うーん、怖いなあ。メスがオスを食べるんだ。なんという野蛮な民族だ!」
アオちゃん3世:「飼育している場合はそういうことがあるようです。栄養を補うためだという説があります。ただ、自然環境で生きている場合との差はわかりませんので、実際に調べてみたいとは思いますが、自然界での様子を知るということはなかなか難しい問題です。非常に面白いと思いますので、簡単に調べる方法はないのでしょうかねぇ?」」
ピーちゃん2世・飼い主:「・・・」
2019年10月 スズムシ

2019年9月26日(木) アオちゃん2世引退 → アオちゃん3世登場
アオちゃん2世:「皆様、長い間、私のつたない話にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。私共、5歳になった時点で引退を希望しておりましたが、飼い主さんの強い要望により、ここまで頑張ってきたのですが、この辺で引退させていただきたいと思います。」
飼い主:「誠に残念なことなのですが、だんだんと寒さに向かっていく季節になり、体力も随分衰えてきましたので、この辺で引退させてあげたいと思います。」
ピーちゃん2世:「アオちゃん先輩、本当にありがとうございます。残る鳥生、ゆっくりと過ごしてください。おっさんが、必ず最後まで面倒見るから!」
飼い主:「もちろんです。現時点でも、初代アオちゃんよりは2年程長く生きてはいますが、まだまだ、長生きしてもらいたいものです。では、アオちゃん、アオちゃん3世への引継ぎをよろしくお願いいたします。」
アオちゃん2世:「了解です。では、アオちゃん3世を紹介させていただきます。2019年1月24日生まれの赤頭白胸ブルーコキンチョウになります。少し体が弱いところもあるようですが、現在、既に鳥生で一番最初の子育てをしています。最初ということもあり必死で子供を育てているようではありますが、案内役としても是非頑張って活躍してもらいたいものです。」
アオちゃん3世:「分かりました。両方頑張ってやっていきたいと思いますので、皆様、どうかよろしくお願い申し上げます。」
アオちゃん3世

2019年9月23日(月) 赤頭ノーマルコキンチョウのメス
飼い主:「今年、コキンチョウを持って帰られた方の中に 赤頭ノーマルコキンチョウのメスがいるなあ と関心を示された方がいらっしゃいました。その時は、 え、何で、どういうこと? と疑問に思っていたのですが、そういえば、最近は昔ほどは見かけなくなってきているような気もします。」
ピーちゃん2世:「確かに赤頭ノーマルコキンチョウのオスは多いように感じますが、昔に比べて、メスの方は少なくなって来ているように感じるわなあー。家の場合は確実に昔よりは少なくなっているよな。」
アオちゃん2世:「そうですね。家も昔はたくさんいましたが、いろんな品種を飼育しだしてからは確かに少なくなっているように思います。遺伝的に、メスの子供の場合は親のオスが赤頭であっても黒頭のスプリットを持っていれば、赤頭と黒頭のメスが生まれてくるということや、意図的にブルーの黒頭の作出もしているせいかなと思います。ただ、多くの品種を作出するということは一つの品種の羽数はおのずと少なくなってくるということでもあります。」
飼い主:「そうですね。まあ、特にどうのこうのということはありませんので、元気な赤頭ノーマルコキンチョウのメスの姿を見てやっていただければと思います !(^^)!。」
赤頭ノーマルコキンチョウ メス

2019年9月18日(水) 久々に十姉妹の子供の誕生です
飼い主:「以前はたくさん飼育していた十姉妹ですが、コキンチョウの自育への移行と共に徐々に数を減らして行き、現在は全部で6ペアとなっています。以前のように仮母に適している十姉妹は、もう、1羽もいません。」
ピーちゃん2世:「つまり、仮母にはあまり向いていない芸物が中心で、6ペアほど飼育しているということなのだが、本来なら、十姉妹の飼育はやめて、その分、僕達を多く飼うべきと言える。」
アオちゃん2世:「飼い主さんは、将来的には十姉妹を飼うのをやめようとしています。ただ、私達コキンチョウの繁殖はすべて自育なので問題はないのですが、コモンチョウさん達は、まだ、十姉妹さんが必要のようですので、やめてしまう訳にもいかず、少し変わっている芸物を飼っているということのようです。」
飼い主:「そうなんです。だから、6ペアという少ないペア数ではありますが、コモンチョウの仮母として活躍してもらっています。ただ、最近、コモンチョウの子供も増えてきましたので、この辺りで仮母としてのお仕事をお休みにし、自分達の子供を育ててもらっています。
 久々に十姉妹の子供の姿を見ると十姉妹もいいかなとは思ってしまいますが、少しでも羽数を減らしたいという気持ちもあり、困ってしまいます。」
芸物十姉妹の巣立ち

2019年9月16日(月) 2019年4月~6月に巣立ったコモンチョウ達 ・・・ お分けします
飼い主:「今年の4月から6月迄に巣立ったコモンチョウ達もみんな綺麗になりました。」
ピーちゃん2世:「そこで、ご希望の方に有償にてお分けいたしますので、是非、ご検討ください。詳細は 小鳥等の販売のページ に記載させていただきます。」
アオちゃん2世:「この子達は私達のように自育ではありませんが、丈夫で飼いやすいと思います。」
コモンチョウの若鳥

2019年9月10日(火) 光陰矢の如し
飼い主:「現在、私が乗っている車は、私が死ぬのが早いのか、それとも、車が廃車になるのが早いかという思いで、ついこの間、新しい車に乗り換えたという思いがあります。ところが、昨日、ディーラの担当者から4.5年目の定期点検の案内がありました。早いものです。」
ピーちゃん2世:「今の所は、おっさんも車も順調に推移しているようだな。最終的にはどちらが勝つのか楽しみだ。」
飼い主:「気付けば無事にここまで来ることができました。ありがたいことです。来年は5年目の車検になります。」
アオちゃん2世:「そういう意味では、飼い主さんが見事勝利することを祈っていますが、飼い主さんと車ということであれば、車は次の新車も含めて競争するべきではないかと思います。目標はもっと大きく持つべきです。」
飼い主:「そういえば、話は変わりますが、スバルのディーラーの担当者は、よく考えているなと思うことがよくあります。問題点を指摘すると次の機会には何かしらの工夫をしてきます。前回の定期点検の時もそうで、感心した次第です。」

2019年9月2日(月)  片目君、綺麗になっています
飼い主:「以前紹介させていただいていた片目の子ですが、どうなるか心配していましたが、どうやら換羽も無事終了したようで良かったです。」
ピーちゃん2世:「元気なので問題無だな。まあ、のんびり鳥生を楽しもうじゃないか!アハハハ。」
アオちゃん2世:「少し換羽に時間がかかりどうなるかと心配していましたが、どうやら無事に換羽も終了し、毎日、元気に過ごしているようで何よりです。どうぞ、元気な片目君を見てやってください。」
右目だけのコキンチョウ
体の左側です

2019年8月27日(火) コキンチョウの1年生も遅ればせながら繁殖スタートです
飼い主:「気候のせいもあり、小鳥達が活気付いていますが、今年が始めての繁殖期を迎えるコキンチョウの1年生のペアにも雛が産まれ始めています。GFP1923のペア(赤頭白胸ブルー×黄頭ノーマル/ブルー)の雛は本日孵りました。2年生、3年生、そして1年生も繁殖のスタートとなりました。」
ピーちゃん2世:「おっさん、その雛は今日孵ったのではなく昨日孵ったんだぞ!」
飼い主:「そうなの? でも1日くらい、違ってもいいんじゃないでしょうかねぇ。」
ピーちゃん2世:「じゃ、あんたは誕生日が1日違っても良いというのか?」
飼い主:「え、そういわれると、いいような、悪いような・・・。」
アオちゃん2世:「まあまあ、通常、私達の雛は1羽でありませんし、全員が同じ日に孵ったいう現象は少ないと思います。だから、少々の違いは勘弁してあげましょう。」
ということで、今年は気候が良いので早くも1年生達の繁殖がスタートした模様です。
飼い主:「この分だと、また、追い込みケージが足らなくなり、困りそうな予感が・・・。」
ピーちゃん2世:「<(`^´)>」
飼い主:「何で威張ってる!わけわからんわ。」

2019年8月26日(月) スズムシはオス3:メス2です
飼い主:「台風が去って以来、朝晩がめっきり涼しくなって参りました。そのせいでコキンチョウ達が盛んに囀っているようで、小鳥小屋が活気付いて来ています。
 ところで、コキンチョウと共に当方よりスズムシをお持ち帰りになられた方、既にスズムシが成虫になり、リーン、リーンと良い声で鳴いていることと推測いたします。」
ピーちゃん2世:「夜はスズムシの声で秋を堪能する。風流だな・・・。」
アオちゃん2世:「そのスズムシのことについて、お知らせしたいことがあります。来年もスズムシを育てたいと思っていらっしゃる皆様は、お渡しした容器の大きさの場合、オスを3匹、メスを2匹、合計5匹で飼育しましょう。そして、成虫の死後も適切に湿り気を与えてやっていれば、来年の6月頃に沢山の幼虫達が孵ってきます。飼育は簡単ですので、よろしければ、是非、続けて飼ってみて下さい。」

2019年8月24日(土) 今期最初の幼鳥達の巣立ちです
飼い主:「今期になり最初に産まれたGFP1827の雛5羽全員が順調に育ち、今日、親元から離れ追い込みのケージに移りました。いよいよ、鳥生の始まりです。希望をもって進んで行きましょう。」
アオちゃん2世:「本日は、誠におめでとうございます。これからは、自分の力で道を切り開いて進んで行ってください。鳥生楽しいことばかりではありません。苦しことや悲しいこともたくさんあります。でも、負けずに最後まで生き抜きましょう。そのためにも、1日1日を大切にしましょう。」
ピーちゃん2世:「自分の力では、どうしようもないこともある。しかし、信念を持って行動すれば、例え、崩れの中にあったとしても、必ず道は開けてくる。頑張れ。」
飼い主:「えぇー、どうしたの?・・・。ピーちゃんの言葉とは思えないんですが。しかも、頑張ってという言葉は私がいつも言っているんですが・・・。 これじゃ、私の言葉がかすんじゃうなあー。  ・・・  ああ、、それが狙いか!」
ピーちゃん2世:「やっとわかったか。まあ、こういう場ではおっさんの挨拶は不要ということだ。」
飼い主:「そこまで言うか・・・」
2019年8月24日 巣だったコキンチョウの幼鳥達

2019年8月22日(木) 真っ赤な顔も非常に目立ちます
飼い主:「私共の飼育室は殆どがコキンチョウ達で埋め尽くされていますので、少々の綺麗さでは目立つことはありません。でも、コモンチョウ達の赤い顔は時々 ハッ とさせられることがあります。」
ピーちゃん2世:「確かに秋が近付いてきて、見事な赤になってるわな。綺麗さは俺達ほどではないと思うが、まあ、綺麗だ。」
アオちゃん2世:「下記の写真で向かって左側がメス、右側がオスとなります。ちなみに、メスの部分にケージの線が写りこみ、その部分がややくすんだ色となっていて見にくくなっていますが、お許しください <(_ _)>。 私はコモンチョウさん達の赤い顔も素敵だと思いますが、落ち着いた黄色い顔も好きです。」
ピーちゃん2世:「カメラを代えても腕は変わらないので、写し方は以前通りで、上手ではない! しかし、画質は間違いなく良くなっているようだな。」
飼い主:「・・・ そうなんです。新しいカメラにしたため、画素数も増え、その上、撮像素子やレンズも大きくなりましたので、画質は良いのですが、以前のデジカメと違ってケージの線が邪魔になる場合が多いので困ります。ただ、ピント合わせが各段に早くなっていますし、使い方も便利になっていますので気に入っています。一言で言うことは難しいのですが、特にモードにおけるストロボ使用時の考え方が、すばらしく、私にとって合ってます。」
コモンチョウのペア 2019年8月

2019年8月19日(月) コキンチョウの3年生も繁殖スタートとなりました
飼い主:「今期で3回目の繁殖期を迎える3年生の中に、雛を孵したペア達が出始めています。そうです。あちこちでコキンチョウ達の雛の鳴き声が聞こえる季節になって参りました。」
ピーちゃん2世:「台風の後、朝晩が少し涼しくなったようですので、みんなも本番に向かってそろそろ準備を始めたようですなあぁ。 といっても、まだまだ、日中は暑いので  あわてない あわてない  一休み 一休み。」
飼い主:「・・・」
アオちゃん2世:「3年生も2年生に続き頑張ってくれているようです。そして、最後になりましたが、今期初めての繁殖期を迎える、まだあどけなさも残る1年生達も、そろそろ繁殖の準備をし始めても良いでしょう。但し、誕生日によって状況は異なってきますので、遅生まれの子達は、まだまだ、繁殖は先にしてあげましょう。」
ピーちゃん夫婦
※向かって右側の子が2年生のピーちゃん2世です。そうなんです。ピーちゃん夫妻をご覧いただいた方は、あれっ?と思われたに違いないと思いますが、奥さんの頭の毛は現在は綺麗に治っています。

2019年8月13日(火) スズムシが鳴き始めています
飼い主:「いつの間にかスズムシが成虫になり、鳴き始めています。そういえば、お盆が過ぎたころには、日中は相変わらず暑いのですが、朝晩が若干涼しくなって参ります。ただ、最近は数十年前よりも暑くなってきている気はしますが、それでも、スズムシの声で秋が近付いていることが感じられます。」
アオちゃん2世:「ということで、今年もスズムシの声を楽しみましょう。」
ピーちゃん2世:「でも、沢山のオスが家の中でなくと結構うるさいんだな。これが。」
2019年8月12日鳴き始めるスズムシ


※当方のホームページの写真の中に<UBI所有>と明記している場合で、特に説明のない小鳥は、すべて[UBI生まれ・所有]になります。
※過去の一言集は、サイドメニューの該当する小鳥の項目のページに記載しています。

★鳥たちが驚かないようにフラッシュレスで自然の姿を撮影しております。お見苦しい点が多くございますがご了承ください。

上へ コキンチョウへ

アルティメットバードインスティチュート フッター